UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 40355

Aurora 8b/10b - ケーブルを接続しなおすと FRAME_ERR が High のまま変更しない

説明

たとえば、リンク ケーブルのプラグが抜かれるといったリンク妨害があると、接続し直したときに FRAME_ERR 信号が永遠にコアでアサートされるようになることがあります。この場合、ディアサートするにはコアをリセットするしかありません。この問題は 4 バイト モードでのみ発生します。

ソリューション

この問題は sideband_output ファイルで次のコードを置き換えると修正できます。

always @(posedge USER_CLK)
FRAME_ERR_RESULT <= `DLY FRAME_ERR || (END_AFTER_START && !START_WITH_DATA) ||
(END_BEFORE_START && START_WITH_DATA && !storage_not_empty_c) ||
(END_BEFORE_START && !START_WITH_DATA && total_lanes_c == 0);

with:


always @(posedge USER_CLK) FRAME_ERR_RESULT <= `DLY (END_AFTER_START && !START_WITH_DATA) ||
(END_BEFORE_START && START_WITH_DATA && !storage_not_empty_c) ||
(END_BEFORE_START && !START_WITH_DATA && total_lanes_c == 0);

これは、ISE 13.3 ソフトウェアで修正される予定です。
AR# 40355
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • Aurora 8B/10B
このページをブックマークに追加