UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 40398

Virtex-6 FPGA ML605 評価キット - ボード デバッグ チェックリスト

説明

ML605 評価ボードのチェックリストは、ボード関連の問題をデバッグし、ボード RMA が必要かどうかを判断するのに便利です。

ソリューション

 






 

1. スイッチ/ジャンパー設定
2. LED
3. JTAG 初期化
4. JTAG コンフィギュレーション
5. スレーブ SelectMAP コンフィギュレーション
6. マスター BPI コンフィギュレーション
7. System ACE コンフィギュレーション
8. System Monitor
9. IBERT
10. PCIE-Gen2
11. マルチブート
12. DDR3

 

1. スイッチ/ジャンパー設定

     ML605 のデフォルト スイッチおよびジャンパー設定は次の通りです。

     デフォルトのスイッチおよびジャンパー設定を確認し、既知の安全な状態から開始してください。  その後にアプリケーションに合わせてスイッチ/ジャンパーを設定します。

a. GMII  

  1. J66 1-2
  2. J67 1-2
  3. J68 ジャンパーなし


b. FMC バイパス

  1. J18 1-2 (FMC LPC コネクターをパイパス)
  2. J17 1-2 (FMC HPC コネクターをパイパス)
  3. J69 1-2 (コンパクト フラッシュ コネクター付近)


c. システム モニター       

  1. J19 1-2 (U23、REF3012 からの Test_mon_vrefp)
  2. J35 9-11 (12V レールのランキン度で電圧を計測)
  3. J35 10-12 (12V レールのランキン度で電圧を計測)


d.  SFP       

  1. J54 1-2 (フル BW)
  2. J65 1-2 (SFP イネーブル)


e. PCIe レーン サイズ セレクト

  1. J42 1-2 (一番近い PCIe フィンガー)


f.  System ACE エラー ディスエーブル ジャンパー

電源投入時のテスト LED ステータス(以下) でボードの状態を確認できます。

  1. ファンが回転していることを確認します。
  2. 電源オン時に次の LED のステータスを確認し、点灯していない場合は、XML スクリプトで TI パワー コントローラーのリセットを試みてください。詳細は、(Xilinx Answer 39037) を参照してください。
    • DS25 - 12V PWR - ON
    • DS30 - SYSACE CF エラー LED (CF カードがない場合は赤く点滅)
    • DS32 - FMC PWR Good - ON
    • DS28 - MGT AVTT - ON
    • DS27 - MGT AVCC (LCD の下) - ON
    • DS29 - DDR3 PWR Good (LCD の下) - ON
  3. RJ45 イーサネット ジャック P2 付近の 6 つのイーサネット LED を確認します。Power ON および OFF を一通り繰り返し、すべての LED 点滅を確認します。
  4. 12V パワー LED が緑色であることを確認してください。そうでない場合は、以下の手順にしたがってください。



  5. JTAG チェーンが適切に初期化されていることを確認します。緑色に点灯していない場合は、次の手順に従います。









  6. スイッチ S2 の設定を確認します。

 

  • S2.1 = OFF
  • S2.2 = ON
  • S2.3 = ON
  • S2.4 = OFF
  • S2.5 = ON
  • S2.6 = OFF

JTAG コンフィギュレーション モードの場合

  1. J17 および J18 の FMC バイパス ジャンパーを確認します。
    FMC カードがない場合は、ピン 1 と 2 をジャンパーで接続します。
    FMC カードを使用する場合でも、J17 および J18 のピン 1 と 2 を試します。これで問題がない場合、FMC コネクターに問題がある可能性があります。
  2. サポートされている OS を使用していることを確認します。
  3. ML605 ビルトイン セルフ テスト アプリケーションのテスト 2 を実行し、エラーが検出されないことを確認します。詳細は、XTP056 を参照してください。


JTAG チェーンが iMPACT で初期化されない場合 :

  • ホスト PC にケーブル ドライバーが読み込まれていることを確認します。
  • システム プロパティと環境変数を確認します。
  • USB ポートがイネーブルであることを確認します。
  • iMPACT ツールが正しくインストールされていることを確認します。
  • ボード上には、USB-JTAG と USB-UART の 2 つの USB mini-B コネクタがあります。チェーンの初期化に USB-JTAG が使用されていることを確認します。
  • 手順 2e. を確認します。

JTAG チェーンは初期化されるが JTAG コンフィギュレーションでエラーが発生する場合 :

  • 12V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2d. を参照してください。
  • S2 の設定を確認します。手順 2f. を参照してください。
  • 手順 2g. を確認します。
  • 手順 2h. を確認します。

スレーブ SelectMAP コンフィギュレーション中の問題 :

  • 12V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2d. を参照してください。
  • S2 の設定を確認します。
    S2.1 = ON
    S2.2 = OFF
    S2.3 = OFF
    S2.4 = ON
    S2.5 = ON
    S2.6 = Don't Care
  • System ACE カードからのコンフィギュレーションが S1.4 = OFF というスイッチ設定で無効になるようにします。
  • ファクトリからのデフォルト イメージを使用してフラッシュの内容を復元します。手順は、XTP055 を参照してください。

マスター BPI コンフィギュレーション中の問題 :

  • 12V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2d. を参照してください。
  • S2 の設定を確認します。
    S2.1 = OFF
    S2.2 = ON
    S2.3 = OFF
    S2.4 = ON
    S2.5 = OFF
    S2.6 = OFF
  • System ACE カードからのコンフィギュレーションが S1.4 = OFF というスイッチ設定で無効になるようにします。
  • ファクトリからのデフォルト イメージを使用してフラッシュの内容を復元します。手順は、XTP055 を参照してください。

System ACE コンフィギュレーション中の問題 :

  • 12V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2d. を参照してください。
  • S1 の設定が S1.4 = ON になっていることを確認します。
  • CF イメージ アドレスが S1.1、S1.2、S1.3 を使用して正しく設定されていることを確認します。
  • CF カードがソケットに正しく挿入されていることを確認します。
  • ファクトリからのデフォルト イメージを使用してコンパクト フラッシュの内容を復元します。手順は、rdf0022.zip を参照してください。 フォーマットの方法については、(Xilinx Answer 14456) を参照してください。
  • ML605 ビルトイン セルフ テスト アプリケーションを実行し、エラーがないかどうかを確認します。詳細は、XTP056 を参照してください。

コンフィギュレーションに問題はないが、System Monitor ポートが機能しない場合 :

  • J19 および J35 のジャンパー位置を確認します。詳細は、UG534 を参照してください。
  • 12.2 またはそれ以降のバージョンの ISE を使用してください。
  • ML605 リファレンス デザイン ページから rdf0012.zip および XTP048 をダウンロードして実行してください (使用しているシリコンおよびソフトウェア バージョンに対応するファイルをダウンロードしてください)。
  • ML605 System Monitor リファレンス デザインの資料は、XTP048 をご覧ください。
  • ML605 ビルトイン セルフ テスト アプリケーションのテスト 9 を実行し、エラーが検出されないことを確認します。詳細は、XTP056 を参照してください。

コンフィギュレーションは問題ないが IBERT が機能しない場合 :

  • S2 スイッチが 0101XX に設定されていることを確認します。
  • S1 スイッチが 0XXX に設定されていることを確認します。
  • SMA ループバック ケーブルが正しく使用されていることを確認します (MGT ループバックが使用されているかどうか)。SMA ケーブルが使用されている場合、J28 を J26 に接続、J29 を J27 に接続します。
  • ML605 リファレンス デザイン ページから rdf0066.zip および XTP091 をダウンロードして実行してください (使用しているシリコンおよびソフトウェア バージョンに対応するファイルをダウンロードしてください。例 : 13.2 ISE およびプロダクション シリコンであれば xtp091_13.2_c.pdf および rdf0066_13.2_c.zip)。
  • XTP091 にあるガイドラインをよくお読みになり、これに従ってください。
  • ML605 - IBERT の既知の問題 : (Xilinx Answer 33604) および (Xilinx Answer 34683)

コンフィギュレーションは問題ないが PCIE-Gen2 インターフェイスが機能しない場合 :

  • S2 スイッチが 011001 に設定されていることを確認します。
  • S1 スイッチが 0XXX に設定されていることを確認します。
  • PC 電源が J25 に接続されていて、Power スイッチがオフになっていることを確認します。PCI コネクター PC 電源を使用しないてください。ML605 電源ブリック コネクター (J60) と 4-pin ATX コネクターの両方を同時に使用しないでください。
  • PCIE コアが正しく作成されたことを確認してください (UG517 参照)。
  • rdf0009.zip および XTP045 をダウンロードして実行します。シリコンとソフトウェア バージョンに適切なバージョンを使用します。たとえば 13.2 ソフトウェアおよび製品シリコンには xtp045_13.2_c.pdf と rdf0009_13.2_c.zip を使用します。
  • XTP045 にあるガイドラインをよくお読みになり、これに沿ってください。
  • ML605 - PCIE の既知の問題 : (Xilinx Answer 35675) および (Xilinx Answer 40279)

コンフィギュレーションは問題ないがマルチブートが機能しない場合 :

  • S2 スイッチが 001010 に設定されていることを確認します。
  • S1 スイッチが 0XXX に設定されていることを確認します。
  • マルチブート ビットストリームを使用して iMPACT で ML605 をプログラムする手順を確認します。(UG360参照)。
  • rdf0007.zip および XTP043 をダウンロードして実行します。シリコンとソフトウェア バージョンに適切なバージョンを使用します。たとえば 13.2 ソフトウェアおよび製品シリコンには xtp043_13.2_c.pdf と rdf0007_13.2_c.zip を使用します。
  • XTP043 のガイドラインに従ってください。

コンフィギュレーションは問題ないが、MIG / DDR3 インターフェイスが機能していない場合 :

  • DDR3 DIMM モジュールが正しく挿入されていることを確認します。
  • S2 スイッチが 001010 に設定されている (Position 6 > Position 1) ことを確認します。
    40398-8.jpg


  • S1 スイッチが 0XXX に設定されていることを確認します。
  • CORE Generator で正しい手順に従って必須の MIG IP コアを生成し、MIG IP に従って UCF ファイルが変更されていることを確認します。(UG406 参照)。
  • rdf0011.zip および XTP047 をダウンロードして実行します。シリコンとソフトウェア バージョンに適切なバージョンを使用します。たとえば 13.2 ソフトウェアおよび製品シリコンには xtp047_13.2_c.pdf と rdf0011_13.2_c.zip を使用します。
  • XTP047 のガイドラインに従ってください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
43748 ザイリンクス ボードおよびキット - デバッグ アシスタント N/A N/A

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54022 テキサス インスツルメンツ社から TI USB インターフェイス アダプター EVM を注文する方法 N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40399 Spartan-6 FPGA SP605 評価キット - ボードのデバッグ チェックリスト N/A N/A
AR# 40398
日付 11/23/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits
  • Virtex-6 FPGA ML605 Evaluation Kit
このページをブックマークに追加