AR# 40416

6 シリーズ - デバイスはホットスワップに準拠しているか

説明

6 シリーズ (Vitex-6、Spartan-6 FPGA) デバイスはホットスワップに準拠していますか。

ソリューション


Virtex-6 FPGA
ホットスワップに準拠しています。 ただし、特定の電力投入シーケンス要件を満たす必要があります (詳細は、Virtex-6 データシート (DS152) http://www.xilinx.com/support/documentation/data_sheets/ds152.pdf を参照)。
Virtex-6 には Virtex-II Pro、Virtex-4、Virtex-5 FPGA などと同様に VCCO へのクランプ ダイオードがあり、Vin が VCCO の前に適用されるような場合があるのでこれらを通過する電流を制限する必要があります。ピンを通過できる最大電流はデータシートに記載されているよう 10mA です。
XAPP251 (http://www.xilinx.com/support/documentation/application_notes/xapp251.pdf) は Virtex-6 デバイスに適用されます。 ホットスワップに関する詳細は、このアプリケーション ノートを参照してください。このアプリケーション ノートは、Virtex-6 を含む、VCCO/GND へのクランプ ダイオードがあるすべてのデバイスに適用されます。

Spartan-6 FPGA
Spartan-6 ファミリ概要データシート (DS160) に記載されているように、ホットスワップに準拠しています。これらのデバイスには、VCCO へのクランプ ダイオードがないため、制限は比較的緩くなっています。 Spartan-6 FPGA の入力電圧は VCCO とは関連していません。詳細は Spartan-6 データシート (DS162) http://www.xilinx.com/support/documentation/data_sheets/ds162.pdf) の 1 ページを参照してください。
DS162 の 3 ページ目の表 3 を見ると、I/O には最大 3.95V まで安全に適用できることがわかります。

ダイオードは PCI 規格のみで利用できます。PCI 規格を使用している場合はダイオードが存在するので、ホットスワップ/ホットプラグ互換は通常の規則に従っています。I/O を通過する電流を制限し、Vinは VCCO の前に適用する必要があります。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
51834 SelectIO デザイン アシスタント - 信頼性および I/O を過度に駆動するケース N/A N/A
AR# 40416
日付 02/27/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略