AR# 40506

LogiCORE IP RXAUI v2.1 - 7 シリーズをターゲットとしたタイミング シミュレーションで X が生成される

説明

Virtex-7 または Kintex-7 をターゲットとした Marvel RXAUI コアのタイミング シミュレーションで X が生成されます。シミュレーションの開始時に GTXE2_CHANNEL からの RXOUTCLK が 0 から X に遷移します。

ソリューション


タイミング シミュレーションを正しく実行するには、シミュレーター特定のコマンドを使用して RXOUTCLK 信号を強制的に 0 にします。このようにしないと、シミュレーション全体で X が伝搬され、シミュレーションが正しく完了しません。

この問題は、ISE 13.2 ソフトウェアに含まれる GTXE2_CHANNEL シミュレーション モデルで修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40630 LogiCORE IP RXAUI v2.1 - ISE 13.1 のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 40506
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP