AR# 40778

MIG Spartan-6 MCB - 終端および I/O 規格のガイドライン

説明

MIG Spartan-6 MCB デザインは特定の終端と I/O 規格で特性評価されています。『Spartan-6 FPGA メモリ コントローラー ユーザー ガイド』 (UG388) の「MCB を使用したデザイン」 → 「PCB レイアウトでの考慮事項」セクションに、終端のガイドラインおよび MIG デザインにおける I/O の使用に関する情報が記載されています。http://japan.xilinx.com/support/documentation/spartan-6_user_guides.htm

メモ : このアンサーはザイリンクス MIG ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34243) の一部です。 ザイリンクス MIG ソリューション センターは、MIG に関する質問を解決するのに役立つ情報を掲載しています。MIG を含むデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、このザイリンクス MIG ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


終端


すべてのメモリ デザインで IBIS モデルを使用してシグナル インテグリティのシミュレーションを実行することを推奨します。上述のユーザー ガイドには次の情報が含まれています。
  • 単一方向および双方向信号の終端ガイドライン
  • 終端抵抗の位置
  • DDR、DDR2、および DDR3 メモリ スタンダードの初期化プロセスに準拠した ODT、CKE、RESET の正しい終端方法
  • ODT (メモリ) および入力終端 (FPGA) の使用方法

詳細は上記の資料のセクショに記載されています。

次のアンサーにも関連情報が記載されています。

(ザイリンクス アンサー 38623) MIG Spartan-6 MCB - DDR2 モード、400Mbps で実行している MCB で ODT が遅れて出力される
(ザイリンクス アンサー 38819) MIG v3.6、Spartan-6 MCB - MCB でのダイナミック ODT サポート
(ザイリンクス アンサー 38651)MIG 3.6 Spartan-6 - DDR 終端に関する推奨事項
(ザイリンクス アンサー 41721)MIG Spartan-6 MCB DDR3 SDRAM - UCF 制約 OUT_TERM = UNTUNED_50 の MCB デザインにおけるサポート
I/O 規格
MIG ツールでは、GUI からの入力に基づいて適切な規格を使用した UCF が作成されます。MIG の UCF ファイルは example_design/par または user_design/par ディレクトリにあります。MIG の UCF で提供されている I/O 規格のみが MIG 特性評価中にハードウェアで検証されています。

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
41721 MIG Spartan-6 MCB DDR3 SDRAM - UCF 制約「OUT_TERM = UNTUNED_50」の MCB デザインにおけるサポート N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 40778
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP