UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 40782

iMPACT - 間接 SPI プログラム - W25Q16V の QE (クワッド イネーブル) ステータス ビットのリセット

説明

iMPACT ツールでは x4 SPI 動作に対して QE ビットがセットされますが、x1 または x2 モードに戻る場合にクリアされません。 このビットをクリアする方法を教えてください。

ソリューション


コマンド ラインからしかこのビットはクリアできません。iMPACT ツールで [Help] → [Help Topics] をクリックして、コマンド ラインおよびバッチ モードのセクションを参照してください。このセクションには、バッチ モードの使用方法が示されています。

オプション名は -qebit で erase の実行時に設定されます。次に、このオプションの使用例を示します。

setMode -bs
setCable -port usb21
addDevice -p 1 -file"path/filename.mcs"
attachflash -position 1 -spi "W25Q16V"
assignfiletoattachedflash -position 1 -file "path/filename.mcs"
erase -p 1 -spionly -qebit
AR# 40782
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE Design Suite - 13.1
  • ISE Design Suite - 13.2