AR# 40867

MIG、Spartan-6 MCB - IBIS を使用したシグナル インテグリティ シミュレーション

説明


メモリ インターフェイス デザインがボード レイアウト ガイドラインに沿っていることを確認する重要な手順には、IBIS を使用してシグナル インテグリティのシミュレーションを実行することが含まれます。ボード レイアウトの前後両方でこのシミュレーションを必ず実行してください。これにより、ボード上のシグナル インテグリティを確認できます。

メモ : このアンサーは、ザイリンクス MIG ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34243) の一部です。ザイリンクス MIG ソリューション センターは、MIG に関する質問を解決するのに役立つ情報を掲載しています。MIG でデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、このザイリンクス MIG ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


『Virtex-5 FPGA ML561 メモリ インターフェイス 開発ボード ユーザー ガイド』 (UG199) の「ML561 Hardware-Simulation Correlation」の章をガイドラインとして参照してください。この章では、ML561 ボードのシグナル インテグリティの相互関係が詳細に説明され、確認すべき内容が例として挙げられています。また、シミュレーションの設定が容易になるように、デザイン別に IBIS モデルを作成する手順が記載されています。

その他のリファレンス

(ザイリンクス アンサー 37081) MIG、Spartan-6 MCB - キャリブレーション入力終端の IBIS シミュレーション

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
37081 MIG Spartan-6 MCB - キャリブレーション入力終端の IBIS シミュレーション N/A N/A
40775 MIG Spartan-6 MCB - ボード レイアウト N/A N/A
AR# 40867
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP