UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 40889

Virtex-5 FPGA GTP トランシーバー - SATA の TXBUFDIFFCTRL および TXDIFFCTRL の設定

説明

このアンサーでは、SATA プロトコルを使用する場合の、Virtex-5 FPGA GTP トランスミッターの出力スイング設定パラメーターである、TXBUFDIFFCTRL および TXDIFFCTRL について説明します。 

ソリューション

Virtex-5 GTP トランシーバーの場合、TXBUFDIFFCTRL<n>[2:0] はドライバーの前の強度を制御し、TXDIFFCTRL<n>[2:0] はトランスミッターの差動出力スイングを制御します。 

Virtex-5 GTP では、『Virtex-5 FPGA RocketIO GTP トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG196) に記載されているように、TXBUFDIFFCTRL ポートを TXDIFFCTRL と同じ値にすることが一般的に推奨されます。

『Virtex-5 FPGA SATA Generation 2 Protocol Characterization Test Report』 (RPT087) にある SATA プロトコルおよびアプリケーション ノート『SATA Physical Link Initialization with the GTP Transceiver of Virtex-5 LXT FPGAs』 (XAPP870) のリファレンス デザインで使用される TXBUFDIFFCTRL および TXDIFFCTRL の設定は次のとおりです。

TXBUFDIFFCTRL<n>[2:0] = 3'b001

TXDIFFCTRL<n>[2:0] = 3'b100

エンド ユーザー デザインで使用されるトランスミッター出力スイングの設定値はシステムによって異なります。 

一般的にはユーザー ガイドにあるように TXBUFDIFFCTRL を TXDIFFCTRL に固定するか、または SATA 特性化レポートの設定、または XAPP870 にあるリファレンス デザインをまずは使用することを推奨します。

Virtex-5 FPGA RocketIO GTP Transceiver ウィザードの SATA プロトコル ラッパーはこうした一般推奨事項に従っています。

AR# 40889
日付 02/28/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Virtex-5 LXT
  • Virtex-5 SXT
IP
  • Virtex-5 RocketIO GTP Transceiver Wizard
このページをブックマークに追加