UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 41135

LogiCORE IP Image Statistics v2.0 - READOUT がディアサートされた後に sum、pow、min、max、hifreq、lofreq、および edge 信号がリセットされない

説明

READOUT がディアサートされた後に power、sum、min、max、hifreq、lofreq およびエッジ信号がリセットされないのはなぜですか。

ソリューション


これは Image Statistics v2.0 での既知の問題で、Image Statistics v3.0 で修正されています。

使用方法 :
  • 通常、まず READOUT をアサートしてから、DONE が High になるのを待ちます。
  • この時点で統計情報を読み出すことができます。
  • 読み出しを完了したら、READOUT をディアサートします。
  • この後、コアは clear_rams 位相に遷移しますが、問題があるため、sum、pow、min、max、hifreq、lofreq、edge などがリセットされません。

回避策 :
  • もう 1 フレーム待機してこの問題を回避することができます。たとえば、コアが acquisition => clear_rams への遷移するのを待ちます。
  • このとき問題の信号はゼロになり、READOUT をもう一度アサートして統計値の読み出しを再開することができます。

その他の情報 :

(ザイリンクス アンサー 33748) - LogiCORE IP Image Statistics のリリース ノートおよび既知の問題

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33748 LogiCORE IP Image Statistics - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33748 LogiCORE IP Image Statistics - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 41135
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
IP
このページをブックマークに追加