AR# 41135

LogiCORE IP Image Statistics v2.0 - READOUT がディアサートされた後に sum、pow、min、max、hifreq、lofreq、および edge 信号がリセットされない

説明

READOUT がディアサートされた後に power、sum、min、max、hifreq、lofreq およびエッジ信号がリセットされないのはなぜですか。

ソリューション


これは Image Statistics v2.0 での既知の問題で、Image Statistics v3.0 で修正されています。

使用方法 :
  • 通常、まず READOUT をアサートしてから、DONE が High になるのを待ちます。
  • この時点で統計情報を読み出すことができます。
  • 読み出しを完了したら、READOUT をディアサートします。
  • この後、コアは clear_rams 位相に遷移しますが、問題があるため、sum、pow、min、max、hifreq、lofreq、edge などがリセットされません。

回避策 :
  • もう 1 フレーム待機してこの問題を回避することができます。たとえば、コアが acquisition => clear_rams への遷移するのを待ちます。
  • このとき問題の信号はゼロになり、READOUT をもう一度アサートして統計値の読み出しを再開することができます。

その他の情報 :

(ザイリンクス アンサー 33748) - LogiCORE IP Image Statistics のリリース ノートおよび既知の問題

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33748 LogiCORE IP Image Statistics - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33748 LogiCORE IP Image Statistics - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 41135
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
IP