AR# 41281

13.1 EDK - ソフトウェア レジスタの読み出しデータが CIP ウィザードで作成された axi4_lite IP で同じ値のままになる

説明

13.1 では AXI 用に Create and Import Peripheral Wizard が使用可能です。生成されたドライバー テンプレート機能を使用すると (たとえば IP_mWriteReg() および IP_mReadReg() を使用してレジスタにアクセスする)、読み出しデータが常に最初のレジスタ データとなります。

ソリューション


CIP ウィザードで生成されたカスタム IP ロジックに問題はありません。ドライバー テンプレートに問題があります。次のように、各レジスタに対して同じオフセット値が割り当てられます。

#define IP_SLV_REG0_OFFSET (IP_USER_SLV_SPACE_OFFSET + 0x00000000)
#define IP_SLV_REG1_OFFSET (IP_USER_SLV_SPACE_OFFSET + 0x00000000)

これらの値は、IP_name.h ファイルで定義されています。

この問題については、2 つ目のレジスタに対して「0x00000000」を「0x00000004」に変更し、3 つ目のレジスタがある場合は「0x00000008」に変更するなどの回避策を実施してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
39843 EDK 13.x - マスター アンサー N/A N/A
AR# 41281
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP