AR# 41309

|

MIG Spartan-6 MCB - MCB でセルフ リフレッシュをイネーブルにした場合、SELFREFRESH_MCB_REQ に TIG を追加する必要があるか

説明

Spartan-6 FPGA MIG デザインには、selfrefresh_mode および selfrefresh_enter という最上位 RTL ポートがあります。 

デフォルトでは、MIG デザインの最上位で selfrefresh_mode 信号が駆動され、selfrefresh_enter 信号がグランドに接続されます。

デザインでセルフ リフレッシュが使用される場合は、UG388 の「MCB の動作」の「セルフ リフレッシュ」に記述されているように、ユーザー ロジックでポートが制御されていることを確認してください。

また、mcb_soft_calibration モジュールの SELFREFRESH_MCB_REQ レジスタに TIG を追加する必要があります。

ソリューション

デフォルトでは、MIG で生成された RTL では MCB のセルフ リフレッシュ モードはディスエーブルになっています。 

セルフ リフレッシュ モードをイネーブルにするには、memc_wrapper の selfrefresh_enter ポート信号をアサートします。

ただし、このモードをイネーブルにすると、ホールド タイム違反が発生することがあります。 

違反が発生するパスの開始点 : memc1_wrapper_inst/mcb_ui_top_inst/mcb_raw_wrapper_inst/gen_term_calib.mcb_soft_calibration_top_inst/mcb_soft_calibration_inst/SELFREFRESH_MCB_REQ

終点 : memc1_wrapper_inst/mcb_ui_top_inst/mcb_raw_wrapper_inst/samc_0 

ホールド タイム違反は、クロック ドメインが切り替わることが原因で発生します。

この違反を避けるため、UCF に次の TIG 制約を追加します。

NET "memc?_wrapper_inst/mcb_ui_top_inst/mcb_raw_wrapper_inst/gen_term_calib.mcb_soft_calibration_top_inst/mcb_soft_calibration_inst/SELFREFRESH_MCB_REQ" TIG;

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40737 MIG Spartan-6 MCB - JEDEC 仕様規定のセルフ リフレッシュ動作 N/A N/A
AR# 41309
日付 12/01/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP
People Also Viewed