AR# 41633

|

13.1 IMPACT - PROM File Formatter ウィザードで Spartan-3AN ISF メモリのリビジョン 1 に対して不正な PROM ファイル (MCS/BIN など) が生成される

説明

IMPACT 13.1i を使用して ISF フラッシュ メモリの PROM ファイル (MCS/BIN など) をリビジョン 1 に対して生成すると、不正なファイルが生成されます。
IMPACT 13.1i の PROM File Formatter ウィザードで ISF フラッシュ メモリの PROM ファイル (MCS/BIN など) を生成すると、コンソール ログに表示される開始アドレスが 0x00000 ではなく 0x30000 なっています。

// *** BATCH CMD : setMode -pff
// *** BATCH CMD : setSubmode -pffmbspi
// *** BATCH CMD : setAttribute -configdevice -attr swapBit -value "FALSE"
Total configuration bit size = 1013024 bits.
Total configuration byte size = 126628 bytes.

// *** BATCH CMD : generate
0x1eeca (126666) bytes loaded up from 0x30000
Using user-specified prom size of 512K
Writing file "C:\Untitled.bin".
Writing file "C:\ Untitled.prm".
Writing file "C:\Untitled.cfi".

// *** BATCH CMD : setCurrentDesign -version 0

ソリューション

これは、IMPACT ソフトウェア v13.1 の PROM File Formatter ウィザード GUI の問題です。 iMPACT の PROM File Formatter ウィザードから PROMGen に送信されるオプションが間違っています。

この問題は、次のソフトウェア リリースで修正される予定です。この問題を回避するには、PROM ファイル (MCS/BIN なし) を生成するのに PROMGen コマンド ライン オプションを使用してください。

例 : Spartan-3AN200 の BIN ファイルを Revision-1 で生成する場合、PROMGen コマンドは次のようになります。

> promgen -w -p bin -c FF -o OUTPUT_FILE_NAME.bin -b -s 512 -u 0 INPUT_BITSTREAM.bit -spi
> promgen -w -p mcs -c FF -o OUTPUT_FILE_NAME.mcs -b -s 512 -u 0 INPUT_BITSTREAM.bit -spi

AR# 41633
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits
People Also Viewed