AR# 4174

1.5i 9500/XL Fitter - 組み合わせラッチにマクロセルが 1 つではなく、 2 つ使用されている

説明

キーワード:CPLD, Fitter, 9500, combinatorial, latch, NOREDUCE, M1.4, M1.5I, 組み合わせ, ラッチ

重要度 :標準

概要:
いくつかの組み合わせフィードバック ラッチに対し、マクロセルが 1 つではなく 2 つ使用されており、その結果、マクロセルのフィードバック遅延が 1 つ追加されてしまいます。通常、これらのラッチの出力ネットに適用されている NOREDUCE プロパティが、フィードバック ループのブレークポイントを決定します。

ソリューション

1

フィッタが、NOREDUCE ネットの位置ではなく、不正にラッチの真ん中で処理を中断してフィードバック ループを抜けてしまう場合、COLLAPSE プロパティをラッチの中間にあるネットに適用して、そのネットをラッチの出力ネットと同じマクロセルに出力します。

2

効率のよい組み合わせフィードバック ラッチのインプリメントを利用したデザイン例を、http://www.xilinx.com/txpatches/pub/applications/misc/latch_9k.zipから入手することができます。このソリューションには、3 つのパターンがあります。ABEL のマクロを使用した VHDL インスタンシエーションおよび回路図です。3 つのデザイン例はそれぞれ、Foundation 1.5 のプロジェクトとして上記の ZIP ファイルに含まれています。
AR# 4174
日付 06/13/2002
ステータス アーカイブ
種類 一般