AR# 41788

ザイリンクス評価キット - Fusion Digital Power Designer GUI が開いた状態でなければ発生する電力に関する問題

説明

6 シリーズまたは 7 シリーズの評価キットで電源コントローラーを回復させると、次のような問題が発生する可能性があります。


  • TI Fusion Digital Power Designer GUI が開いた状態でしか JTAG チェーンにアクセスできない。
     
  • TI Fusion Digital Power Designer GUI が開いた状態でしか JTAG チェーンでの操作が可能にならない。
     
  • 適切な xml ファイルを使用して電源コントローラーを出荷時のデフォルト内容に復元すると評価キットの操作性は戻るが、GUI を閉じてボードの電源を入れ直すと JTAG チェーンへアクセスできなくなる。
     
  • 12V PWR、FMC PWR Good、MGTAVTT、MGTAVCC、または DDR3 PWR Good LED のステータスが OK ではない。

評価キットの操作性を回復させる手順を教えてください。

ソリューション

このようなビヘイビアーは、UCD92xx デバイスのチェックサムがリセットされたことを示しています。 

UCD92xx 電源コントローラーがプログラム コードを実行するためには、チェックサムを設定する必要があります。


次の手順に従ってください。

 

Program Flash Checksum が Fusion Digital Power Designer GUI から削除されると、プログラム コードが実行されません。UCD92xx デバイスの Program Flash Checksum を再度作成する手順を次に示します。

1. Fusion Digital Power Designer のインスタンスをすべて閉じます。

2. UCD92xx 電源コントローラーへ入力電圧を入れ直します。問題のあるコントローラーは機能していない状態である必要があります。

3. デスクトップで、[スタート] → [すべてのプログラム] → [Fusion Digital Power Designer] → [Device GUIs] → [UCD3xxx Device GUI] をクリックします。


4. [Tools] セクションにある [Scan for UCD3000 IC in ROM Mode] をクリックすると、デバイスに Program Flash Checksum がない場合は次のような画面が表示されます。

5. [Tools] セクションの底部あたりに [Program Flash Checksum] があるので、ここにある [Recreate] をクリックしてチェックサムを作成します。

6. GUI の [Log] セクションに PFlash のチェックサムが作成された旨が示されたら、GUI を閉じます。

7. PMBus インターフェイスの接続を解除します。

8. ボードへの電源を入れ直すと、プログラム コードが実行されるはずです。ボードは完全に動作可能な状態になります。

 


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 41788
日付 08/27/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
Boards & Kits