AR# 4188

5.1i タイミング - 負数のオフセット、セットアップ、ホールド タイムがレポートされない

説明

キーワード : timing, Timing Analyzer, negative, OFFSET, setup, hold, minimum, zero, 3.1i, 4.1i, 5.1i, タイミング, ネガティブ, 負数, セットアップ, ホールド, 最小, ゼロ

重要度 : 標準

概要 :
クロックがローカル配線に配置されている場合、クロック遅延が入力パス遅延より大きくなる可能性があります。 OFFSET 制約が問題の入力に設定されている場合は、TRCE/Timing Analyzer で負数の OFFSET がレポートされます。 同様の結果がセットアップおよびホールド タイムにも見られることがあります。

ソリューション

1

TIMESPEC を CLK ネットに設定します。 これで TRCE/Timing Analyzer でクロック ラインの遅延を分析できるようになります。

例 :

TIMESPEC TS01 = FROM PADS(CLK) TO FFS 10ns;

CLK はパッドとバッファ間のネット名を指します。

2

データ パスに遅延を追加する方法もあります。 フリップフロップを IOB から離れた位置に移動すれば、遅延を追加できます。
AR# 4188
日付 01/18/2010
ステータス アーカイブ
種類 一般