AR# 42557

|

13.x iMPACT、Spartan-3AN - マルチブート MCS ファイルの生成およびデフォルトのアドレス指定モード用の BitGen の設定

説明


マルチブート用に 2 つの BIT ファイルを含む MSC ファイルを生成する方法を教えてください。

BitGen で次のコンフィギュレーション アドレスを設定する方法を教えてください。

ソリューション


13.3 より前のバージョンの iMPACT では、MCS ファイルは常に 2 のべき乗モードで生成されます。デフォルトのアドレス指定には、PROMGen を使用する必要があります。この問題は、13.3 で修正される予定です。



ISF (インシステム フラッシュ) がデフォルト モードの場合

50AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 128 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 10800 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x02_0000

200AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 512 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 31800 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x06_0000

400AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 512 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 42000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x08_0000

700AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 1024 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 63000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x0C_0000

1400AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 2048 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u A5000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x14_0000

質問 1 : BitGen のアドレス設定はどこに記述されていますか。
回答 : 2 番目のアドレス設定は、『Spartan-3AN FPGA インシステム フラッシュ ユーザー ガイド』(UG333) および『Spartan-3 ジェネレーション コンフィギュレーション ユーザー ガイド』 (UG332) に記述されています。

質問 2 : 2 番目のアドレスが PROMGen と BitGen で異なるのはなぜですか。
回答 2 : デフォルト モードでの ISF のアドレス エリアが連続していないためです。1 ページは 264 バイトですが、9 ビットのアドレスを使用します。

質問 3 : PROMGen で 2 番目のアドレスを算出する方法を教えてください。
回答 : たとえば 50AN を例にとると、次のようになります。
  • 2 番目の BIT はページ 256 から始まります。このページの前に 256 ページあります (ページ 0 ~ ページ 255)。
  • この 256 ページに (264 バイト)*(256 ページ) = 67584 バイト含まれています。
  • これを 16 進数に変更すると 0x01_0800 となり、これがコマンドのアドレスとなります。

ISF (インシステム フラッシュ) が 2 のべき乗モードの場合

このモードでは、PROMGen のアドレスと 2 番目の起動アドレスは同じです。
注意 : 一度 2 のべき乗モードに切り替えると、デフォルト モードに戻すことはできません。

50AN

PROMGen コマンド
promgen -w -p mcs -spi -s 128 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 10000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x01_0000

200AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 512 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 30000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x03_0000

400AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 512 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 40000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x04_0000

700AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 1024 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u 60000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x06_0000

1400AN

PROMGen コマンド :
promgen -w -p mcs -spi -s 1024 -c FF -o Multiboot -u 0 1.bit -u A0000 2.bit

BitGen での 2 番目の BIT ファイルの開始アドレス設定 :
0x0A_0000

ISE Design Suite での 2 番目の開始アドレスを設定は、次の図を参考にしてください。




AR# 42557
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略
People Also Viewed