AR# 42796

Spartan-6 - IODELAY2 で BUSY がアサート/ディアサートするのに必要な時間

説明

Spartan-6 IODELAY2 では、可変遅延モードで遅延をインクリメントまたはデクリメントすると、BUSY 信号が High になります。BUSY のアサートに必要な時間を教えてください。BUSY のディアサートによってデータが有効かを確認できますか。

ソリューション


IODELAY2 で遅延をインクリメントまたはデクリメントすると、BUSY 信号がアサートして、DATAOUT が有効ではないことが示されます。これは、アサートされている CE ピンの数クロック サイクル以内に発生します。

IODELAY2 でサンプルされているデータが有効であることを確認にするために、ユーザーは BUSY 信号をモニターして BUSY がディアサートするまで待機する必要があります。状況にはさまざまあるため、時限のインクリメントを待機することは信頼性に欠けます。したがって、BUSY のモニターが出力データが有効かを判定する最善の方法となります。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
46791 Spartan-6 FPGA デザイン アシスタント - 一般的なデバイスの問題のトラブルシュート N/A N/A
AR# 42796
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス