UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 43106

Soft Error Mitigation Controller v2.1 - SPI デバイスを含む外部 Shim インターフェイスで、スタートアップ時に 32 ビット アドレス指定をイネーブルにするコマンドが複数回発行される

説明

既知の問題 : v2.1、v1.3、v1.2、v1.1 ターゲット デバイスおよびコアの動作モードによっては、保存するデータのサイズのため、外部 SPI フラッシュ ストレージ デバイスを 32 ビット アドレス指定モードにする必要があります。

SPI デバイスを含む外部シム (Shim) インターフェイスでは、32 ビット アドレス指定をイネーブルにするコマンド 0xB7 を発行してこれを実行します。 

外部シムは、サンプル デザイン ディレクトリの sem_ext.v[hd] という名前のファイルで提供されています。

GSR が解放されるとデザインからこのコマンドが発行されますが、コントローラーによりシムがリセットされ、コマンドの一部が切り捨てられ、再送信されます。

この問題が発生するのは、次の Virtex-6 デバイスおよび動作モードの場合のみです。

  • [Enable Error Classification] をオン、[Replace] をオフ、6VLX760 をターゲット
  • [Enable Error Classification] をオフ、[Replace] をオン、6VLX760 をターゲット
  • [Enable Error Classification] をオン、[Replace] をオン、6VHX380T、6VHX565T、6VLX365T、6VLX550T、6VLX760、6VSX315T、または 6VSX475T をターゲット

上記以外のコンフィギュレーションでは、この問題は発生しません。

 

ソリューション

これは、機能の問題ではなく表面上の問題です。

コマンドを複数回発行した場合、コマンドの一部が切り捨てられても、SPI フラッシュ デバイスには悪影響はありません。

この問題は ISE 13.3 でリリースされている v2.2 で修正されています。

 

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
42103 Soft Error Mitigation Controller - よくある質問 (FAQ) N/A N/A
42519 Soft Error Mitigation Controller v2.1 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
44541 Soft Error Mitigation Controller - v1.1 から v3.4 までのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 43106
日付 09/12/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
  • Virtex-6
IP
  • Soft Error Mitigation
このページをブックマークに追加