UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 43260

7 シリーズ GTX/GTH トランシーバー - PMA/自動モードでは RXSLIDE 機能と RX バッファー バイパスを同時に使用できない

説明

7 シリーズ GTX/GTH トランシーバーでは、パラレル RX データをビットごとにシフトする RXSLIDE 機能がサポートされており、手動でアライメントできます。このアンサーでは、RX バッファー バイパス モードでのこの機能の使用方法を説明します。

ソリューション


『7 シリーズ FPGA GTX/GTH トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG476) の「RX バイトおよびワード アライメント」 セクションに記載されているように、RXSLIDE 機能は PCS モード、PMA モード、または自動モードで使用できます。このセクションの属性の表に、PMA モードで RXSLIDE 機能を使用すると、RX のリカバリ クロックの位相が変更されることがあると記載されています。RX のリカバリ クロックの位相は RX バッファー バイパス モードでも変更されるので、PMA モードまたは自動モードでは RXSLIDE と RX バッファー バイパスを同時に使用しないでください。

この制限が記載されているのは、ユーザー ガイドのバージョン v1.5 です。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
41613 7 シリーズ FPGA GTX/GTH トランシーバー - 既知の問題およびアンサー レコードのリスト N/A N/A
AR# 43260
日付 01/22/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
このページをブックマークに追加