UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 43271

Vivado HLS/AutoESL - RTL インプリメンテーションを実行すると「@E [IMPL-4] 'autoimpl' failed: 'xtclsh' cannot be found. Please check your PATH variable.」というエラー メッセージが表示される

説明

RTL インプリメンテーションで次のようなエラー メッセージが表示されます。

@E [IMPL-4] 'autoimpl' failed: 'xtclsh' cannot be found. Please check your PATH variable.

ソリューション

RTL インプリメンテーションを実行するには、AutoESL (または Vivado HLS) がザイリンクスの ISE ツールを起動する必要があります。このため、次の 2 つのいずれかの方法でザイリンクス ISE ツールのパスを設定する必要があります。

まず、AutoESL (または Vivado HLS) を起動する .bat ファイルをアップデートします。これは、次の方法で実行できます。

  1. Windows のスタート メニューのショートカットを右クリックして AutoESL (または Vivado HLS) の GUI をスタートさせるか、またはコマンド プロンプトを右クリックして [プロパティ] を選択します。
  2. [Target] フィールドの最初に ISE のパスを付けます。 通常、Windows 64 ビット OS の場合は C:\Xilinx\xilinx_version_number\ISE_DS\settings64.bat、Windows 32 ビット OS の場合は settings32.bat になります。
  3. 最終的には、[Target] フィールドは C\Xilinx\14.6\ISE_DS\settings64.bat C:\Xilinx\Vivado_HLS\2013.2\bin\vivado_hls.bat のようになります。





または、PATH 環境変数がザイリンクス インプリメンテーション ツールをポイントしていることを確認します。

Windows の場合は、次のコマンドを使用します (setx を使用すると環境変数を貼り付けることができます)。

  1. set XILINX=C:\Xilinx\xilinx_version_number\ISE_DS
  2. set PATH=%PATH%;%XILINX%\bin\nt
  3. [オプション] setx XILINX %XILINX%
  4. [オプション] setx PATH %PATH%

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47429 ザイリンクス Vivado HLS ソリューション センター - 重要な問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 43271
日付 11/14/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加