AR# 43323

MIG Spartan-6 MCB - ユーザー インターフェイスの駆動

説明

このアンサーでは、MIG でのユーザー インターフェイスの駆動に関する情報を提供します。

メモ : このアンサーは、ザイリンクス MIG ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34243) の一部です。ザイリンクス MIG ソリューション センターは、MIG に関する質問を解決するのに役立つ情報を掲載しています。MIG でデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、このザイリンクス MIG ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


コアへのインターフェイス

メモリ コントローラー ブロック (MCB) は、1 つのコンポーネントのメモリ デバイスに接続するのに単純で信頼性の高い方法を提供します。MCB ユーザー インターフェイスを使用すると、DDR メモリ インターフェイスの複雑性はなく、FPGA デザイン特有の機能にエンジニアリング リソースを使用できます。

ユーザー (ファブリック側) インターフェイス

ユーザー インターフェイスには、FPGA ロジックと MCB ポートのコマンド パスおよびデータパスが通信するために必要なすべての信号が含まれています。MCB の汎用クロック、リセット信号、およびキャリブレーション、デバッグ、セルフ リフレッシュ操作に関連する信号も含まれています。ユーザー インターフェイスは、1 ~ 6 本のポートを持つようコンフィギュレーションできます。

アドレス指定

ユーザー インターフェイスから見ると、MCB では物理 DRAM への単純で順次のバイト アドレス指定が使用されます。この方法では、DRAM で固定セグメントが保存されるということは考慮する必要はなく、単純な SRAM のようなアドレス インターフェイスが可能になります。

コマンド パス

ユーザー インターフェイスのコマンド パスでは、単純な深さ 4 の FIFO 構造を使用して、待機中のコマンドを保持します。要求された処理の命令タイプ、アドレス、バースト長は、すべてこのコマンド FIFO に読み込まれます。pX_cmd_clk の立ち上がりエッジで pX_cmd_en がアサートされているときに、FIFO で新しいコマンドを受信するには、コマンド FIFO のフル フラグ信号が Low である必要があります。フル フラグが High の場合は、コマンドは無視されます。

(ザイリンクス アンサー 43355) - 書き込みの実行

(ザイリンクス アンサー 43356) - 読み込みの実行

(ザイリンクス アンサー 43357) - 使用可能な DDR コマンド

(ザイリンクス アンサー 43358) - データのマスク

(ザイリンクス アンサー 43359) - 格納可能なコマンドおよびデータの数

(ザイリンクス アンサー 43360) - アドレス指定

(ザイリンクス アンサー 35410) - 格納可能なコマンド数

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
43321 MIG Spartan-6 MCB - ユーザー インターフェイス N/A N/A

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 43323
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
IP