AR# 43395

ML507 - PC へのイーサネット リンクが安定しない

説明

ML507 評価版プラットフォームをギガビット イーサネット リンクを使用して PC に接続すると、ビット エラーが発生することがあります。

ソリューション


最大 Data/REFCLK ppm オフセットは、ギガビット イーサネットの仕様で決められており、+/-200 ppm になります。セカンド オーダー ループがイネーブルでない場合、これは Virtex-5 GTX の CDR の最大幅でもあります。『Virtex-6 FPGA CDR およびスイッチの特性データ シート 』 (DS152)
http://japan.xilinx.com/support/documentation/data_sheets/ds152.pdf

の表 24 を参照してください。ML507 と PC の間の Data/REFCLK ppm オフセットがこの最大幅を超えるために、エラーが発生します。

この原因は、ボードの X7 オシレーターの周波数が異なるためです。

この問題が発生した場合は、CDR のセカンド オーダー ループをイネーブルにすると、システムで上限 +/-2000 ppm の周波数の違いを処理でき、リンクが正しく動くようになります。

CDR のセカンド オーダー ループをイネーブルにするには、PMA_RX_CFG を 25'0F44088 から 25'0F44089 に変更します。

これは、ML507 限定の問題で、Virtex-5 デバイス全般には影響しません。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
42965 ML50x - 既知の問題、リリース ノート、マスター アンサー レコード N/A N/A
AR# 43395
日付 02/20/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits