AR# 43420

Virtex-6 GTH トランシーバー - LVDS 規格を基準クロックに使用できるか

説明

トランシーバーの基準クロックでサポートされている規格について説明します。

ソリューション


LVPECL および LVDS は、基準クロックに一般的に使用される規格です。

『Virtex-6 FPGA GTX トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG366) の「ボード デザインのガイドライン」セクションには、LVPECL および LVDS 規格がトランシーバーの基準クロックにサポートされていると記載されていますが、『Virtex-6 FPGA GTH トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG371) では、基準クロックの入力信号の最小振幅のため LVDS を基準クロックに使用することは推奨されていません。

LVDS 規格の基準クロックの振幅が十分で、入力信号の最小振幅要件 (DS152 より Virtex-6 GTH トランシーバーでは 600MHz 以下の場合は 500 mVppdiff、 600MHz を超える場合は 600 mVppdiff) を満たすことができれば、LVDS 規格を使用しても問題ありません。
AR# 43420
日付 02/28/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略