UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 43645

LogiCORE IP Video On Screen Display (OSD) v2.0 - 一部の VFBC レイヤーが XSVI 出力インターフェイスに現れない

説明

一部の VFBC レイヤーが XSVI 出力インターフェイスに現れないのはなぜですか。

たとえば、VFBC レイヤーが 4 つある場合、On Screen Display (OSD) によって4 つの VFBC ポートから 4 つのレイヤーが読み出されますが、これら 4 つすべてが有効な場合でも、XSVI 出力インターフェイスに現れるのは 2 つレイヤーのみです。VFBC0 および VFBC2 では OSD でデータを読み出して XSVI インターフェイスに送ることができますが、VFBC1 および VFBC3 ではOSD でデータを読み出しても、XSVI 出力インターフェイスに現れません。

ソリューション

レイヤーが OSD コアから正しく出力されるようにするには、いくつかの方法があります。

  • レイヤー イネーブル レジスタまたは入力に適切なビットを設定して、すべてのレイヤーを正しく有効化します。
  • 各レイヤーに特有の極性があることを確認します。OSD は同じ極性のレイヤーを複数サポートしません。

レイヤーが無効の場合、あるいは同じ極性を持つ場合は、問題となっている動作を示し、一部のレイヤーが XSVI 出力インターフェイスに現れません。

LogiCORE IP Video On Screen Display のリリース ノートおよび既知の問題については、(ザイリンクス アンサー 33257) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33257 LogiCORE IP Video On Screen Display (OSD) - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 43645
日付 02/06/2014
ステータス アーカイブ
種類 一般
IP
  • On-Screen Display
このページをブックマークに追加