AR# 43829

Virtex-6 FPGA GTH トランシーバーのデザイン アドバイザリ - x4 モードでラッパーの RXBUFRESET が不正に接続される

説明

このアンサーでは、GTH トランシーバーを x4 モード (GTHX4LANE=1) でコンフィギュレーションする場合に、ISE Design Suite13.2 以前のバージョンの Virtex-6 FPGA GTH Transceiver Wizard で生成された HDL ラッパーで RXBUFRESET を正しく接続する方法を説明します。

ソリューション


問題 :

Virtex-6 FPGA GTH は、GTHX4LANE を 1 に設定すると x4 モードにコンフィギュレーションでき、レーン 0、1、2、および 3 で 1 つの x4 リンクが構成されます。このモードでは、マスター レーン (レーン 0) の制御設定を変更すると、スレーブでも同じように変更されます。ただし、変更は RXBUFRESET には適用されないので、このリセット ポートを 4 つのレーンすべてに個別に接続する必要があります。v6_gthwizard_v1_8_quad.vhd および v6_gthwizard_v1_8_quad.v モジュールでは、レーン 1、2、3 の RXBUFRESET が不正に 0 に接続されています。

回避方法 :

x4 モードでの RXBUFRESET ポートの接続は、GTHX4LANE=1 のときに次のように設定されています。
RXBUFRESET0 => rxbufreset0_i,
RXBUFRESET1 => tied_to_ground_i,
RXBUFRESET2 => tied_to_ground_i,
RXBUFRESET3 => tied_to_ground_i,

次のように変更してください。
RXBUFRESET0 => rxbufreset0_i,
RXBUFRESET1 =>rxbufreset0_i,
RXBUFRESET2 =>rxbufreset0_i,
RXBUFRESET3 =>rxbufreset0_i,

この問題は、ISE デザイン ツール バージョン 13.3 の Virtex-6 FPGA GTH Transceiver Wizard v1.9 で生成される HDL ラッパーで修正されています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34565 Virtex-6 FPGA のデザイン アドバイザリのマスター アンサー N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34565 Virtex-6 FPGA のデザイン アドバイザリのマスター アンサー N/A N/A
38596 Virtex-6 FPGA GTH トランシーバー - 既知の問題およびアンサーのリスト N/A N/A
AR# 43829
日付 05/22/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
IP