AR# 4385

FPGA Express:HDL でプリミティブやマクロといったライブラリ要素をインスタンシエートする方法

説明

キーワード:Foundation, Express, VHDL, Verilog, ライブラリ, マクロ, インスタンシエート, 未拡張

重要度 :標準

概要:
Xilinx ユニファイド ライブラリからのコンポーネントのインスタンシエート方法は ?

ソリューション

Xilinx プリミティブのすべてが、FPGA Express で合成されるデザインでインスタンシエートできます。
ピン名については、『ライブラリ ガイド』を参照してください。

Xilinx マクロについては、該当する XNF ファイルをプロジェクトに追加します。XNF ファイルは $SYNOPSYS\xilinx\macros\<family>\v6_xnf ディレクトリにあり、$SYNOPSYS は Alliance シリーズでは Synopsys インストール ディレクトリ、Foundation シリーズでは FNDTN\synth ディレクトリを指します。XC4000 ファミリ、Spartan、Spartan-XL では、XC4000E ディレクトリを使用します。
Spartan-XL

メモ 1:前述のマクロ XNF ファイルで、バス ピンは BUS<3> のような括弧付きではなく、BUS3 のように括弧なしで記されています。そのため、マクロ XNF ファイルを FPGA Express のプロジェクトに読み込むには、[Synthesis] → [Option] → [Project] タブをクリックして、[Input XNF Bus style] ボックスの %s<%d> を %s%d に変更します。

メモ 2:このソリューションは Virtex/E または Spartan-II には使用できません。これらのデバイスのマクロは使用できません。また、3.3 またはそれ以前のバージョンの FPGA Express では、プリミティブが認識されません。詳細は <a href=5140.htm>(ザイリンクス アンサー #6987)</a> を参照してください。
AR# 4385
日付 08/11/2003
ステータス アーカイブ
種類 一般