UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 44022

Spartan-6 FPGA SP601 評価キット - ボードのデバッグ チェックリスト

説明

SP601 評価ボードのチェックリストは、ボード関連の問題をデバッグし、次にボード RMA をリクエストするかどうかを判断するのに有益です。

ソリューション

1. ジャンパー設定
2. LED
3. JTAG 初期化
4. JTAG コンフィギュレーション
5. マスター BPI コンフィギュレーション
6. マスター SPI コンフィギュレーション
7. マルチブート
8. MIG / DDR2

  1. デフォルト ジャンパー/スイッチ設定
ジャンパー :  
FMC JTAG BYPASS  
J4 1 と 2 を接続
   
FPGA サスペンド  
J14 オープン (0 = Awake)
   
SPI メモリ セレクト  
J15 1 と 2 を接続
   
スイッチ :  
SW2.1 (M0) ON
SW2.2 (M1) OFF
   
SW8.1 OFF
SW8.2 OFF
SW8.3 OFF
SW8.4 OFF
  1. 電源投入時の LED ステータスによるボードの状態の確認
    ボードの基本的な機能に問題がないかどうかを示します。
    1. 電源投入時に次の LED がオンになっていることを確認します。
    2. 5V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、次の手順に従います。




    1. JTAG チェーンが適切に初期化されていることを確認します。適切に初期化されていない場合は、次の手順に従います。




    2. スイッチ SW2 の設定を確認します。
      SW2.1 = ON
      SW2.2 = OFF
      SW2 のデフォルト設定
      (JTAG ポートは、モード ピンの設定にかかわらず、常に FPGA で使用可能)
    3. FMC バイパス ジャンパー位置 J4 を確認します。
      FMC カードがない場合は、ピン 1 と 2 をジャンパーで接続します。
      FMC カードを使用する場合でも、J4 のピン 1 と 2 を試します。FMC LPC コネクタを含めたときに問題が発生し、FMC LPC コネクタを取りはずして SP601 が機能する場合は、FMC コネクタの問題と考えられます。
    4. サポートされる OS を使用していることを確認します。
    5. SP601 ビルトイン セルフ テスト アプリケーションのテスト 2 を実行し、エラーが検出されないことを確認します。詳細は、xtp041.pdf を参照してください。
  2. JTAG チェーンが iMPACT で初期化されない場合 :
    • ホスト PC にケーブル ドライバーが読み込まれていることを確認します。
    • システム プロパティと環境変数を確認します。
    • USB ポートがイネーブルであることを確認します。
    • iMPACT ツールが正しくインストールされていることを確認します。
    • ボード上には、USB-JTAG と USB-UART の 2 つの USB mini-B コネクタがあります。チェーンの初期化に USB-JTAG が使用されていることを確認します。
    • 手順 2c. を確認します。
  1. JTAG チェーンは初期化されるが JTAG コンフィギュレーションでエラーが発生する場合 :
    • 5V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2b. を参照してください。
    • スイッチ SW2 の設定を確認します。手順 2d. を参照してください。
    • 手順 2e. を確認します。
    • 手順 2f. を確認します。
  2. マスター BPI コンフィギュレーション中の問題 :
    • 5V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2b. を参照してください。
    • スイッチ SW2 の設定を確認します。
      SW2.1 = OFF
      SW2.2 = OFF
    • ファクトリからのデフォルト イメージを使用してフラッシュの内容を復元します。手順は、xtp040.pdf を参照してください。
  3. マスター SPI コンフィギュレーション中の問題 :
    • 5V 電源 LED が緑色に点灯していることを確認します。緑色に点灯していない場合は、手順 2b. を参照してください。
    • スイッチ SW2 の設定を確認します。
      SW2.1 = ON
      SW2.2 = OFF
    • SP601 ビルトイン セルフ テスト アプリケーションを実行し、エラーが検出されないことを確認します。詳細は、xtp041.pdf を参照してください。
  4. コンフィギュレーションは問題ないがマルチブートが機能しない場合 :
    • iMPACT のマルチブート ビットストリームを使用して SP601 をプログラムする手順を確認します。詳細は、『Spartan-6 FPGA コンフィギュレーション ユーザー ガイド』 (UG380) を参照してください。
    • rdf0006.zip および xtp038.pdf をダウンロードして実行します。シリコンとソフトウェア バージョンに適切なバージョンを使用します。13.2 ソフトウェアおよび製品シリコンでは、xtp038_13.2_c.pdf と rdf0006_13.2_c.zip です。
    • xtp038.pdf のガイドラインに従ってください。
  5. コンフィギュレーションは問題ないが、MIG / DDR2 インターフェイスが機能していない場合 :
    • DDR2 DIMM モジュールが正しく挿入されていることを確認します。
    • スイッチ SW2 の設定を確認します。
      SW2.2 = OFF
      SW2.1 = ON
    • CORE Generator ツールで MIG IP コアと UCF ファイルを生成するのに必要な正しい手順が使用されていることを確認します。これが正しく実行されることを確認します。詳細は、『Spartan-6 FPGA メモリ インターフェイス ソリューション ユーザー ガイド』 (UG416) を参照してください。
    • rdf0005.zip および xtp039.pdf をダウンロードして実行します。シリコンとソフトウェア バージョンに適切なバージョンを使用します。13.2 ソフトウェアおよび製品シリコンでは、xtp039_13.2_c.pdf と rdf0005_13.2_c.zip です。
    • xtp039.pdf のガイドラインに従います。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
43748 ザイリンクス ボードおよびキット - デバッグ アシスタント N/A N/A

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54022 テキサス インスツルメンツ社から TI USB インターフェイス アダプター EVM を注文する方法 N/A N/A
AR# 44022
日付 01/15/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits
このページをブックマークに追加