UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 4475

CPLD XC9500 ファミリ ‐ 9500 デバイスに必要な消去時間

説明

キーワード:9500, erase, times, jtag, programmer, 消去, 時間

重要度 :標準

概要:

SVF ファイルを使用している場合、9500 デバイスで必要な消去時間がシステムごとに異なる理由は?

ソリューション

XC9500 デバイスに必要な消去時間は、2.6 秒です。この時間は、以下の状況発生が考えられる場合に、延長することができます。

(a) システム Vcc が Low またはノイズが多い - 通常 Vcc には、5V 以上必要です。Vcc 接続には、各デバイスに十分なデカップリングが必要です。
(b) システム グランドのノイズが過剰 - 内部電流が効率良く流れるようにするため、ソリッドなグランド信号が必要です。<br>
(c) 待ち時間が不正確にインプリメンントされている - 待ち時間は TCK と関係なくインプリメントされるのが理想的です。内部の独立したクロックを基にした待ち時間であれば、正確にインプリメントできます。

JTAG Programmer の場合は、システムと対話できるため、デバイスが値を消去、または適宜調整するのに時間がかかると判断すると、上記の状況を補正できます。

SVF ファイルの場合は、静的に生成されるため、システムと対話しながら、デバイスの動作を適宜修正することはできません。
AR# 4475
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般