AR# 44849

ChipScope IBERT - インプリメンテーション後に IBERT コアのタイミングが満たされない

説明

このアンサーでは、ChipScope IBERT コアでのタイミング問題を解決するのに役立つデバッグ手法をいくつか示します。

ソリューション


ChipScope IBERT はそのままでタイミングが満たされるように設計されていますが、一部のデザインでタイミングを満たすのが困難な場合があります。このアンサーでは、IBERT コアでタイミングを満たすのに役立つ手法を示します。

IBERT コアのデータ幅を変更する

内部データ幅を広くすると、コア内部のタイミングが緩和されます。これは簡単にすばやく実行でき、IBERT コアでタイミングが満たされる確率が上がります。

IBERT デザインで使用する GT トランシーバーの数を減らす

デザインにトランシーバーを追加すると、デザインがより複雑になり、IBERT コアでタイミングを満たすのが困難になります。IBERT はテスト用に使用するツールなので、デバイス上のすべての GT をイネーブルにするのは常に必要ではありません。これも、IBERT コアのタイミングを満たすのに役立ちます。

IBERT コアで SmartXplorer を実行する

この場合、IBERT コアを作成する際に [Generate Bitstream] チェック ボックスをオフにする必要があります。SmartXplorer は、インプリメンテーション ツールをさまざまなオプションの組み合わせで実行します。具体的には、MAP を異なるコスト テーブルで実行します。SmartXplorer を使用して、IBERT コアで最初の 10 個のコスト テーブルを使用して MAP を実行します (-t コマンド ライン オプション)。SmartXplorer の使用法の詳細は、『タイミング クロージャ ユーザー ガイド』 (UG612) を参照してください。

これらの方法を試しても ChipScope IBERT コアのタイミングが満たされない場合は、次のサイトからザイリンクス カスタマー サポートにウェブケースを開いてください。
http://japan.xilinx.com/support/clearexpress/websupport.htm.

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45201 ザイリンクス ChipScope ソリューション センター - IBERT デザイン アシスタント N/A N/A
AR# 44849
日付 05/19/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
ツール 詳細 概略
IP 詳細 概略