UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 44881

Spartan-6、13.2 および 13.3、GTP IBERT - Analyzer の TX 差動出力振幅値が GTP のアドバンス製品仕様の値と異なる

説明

ChipScope Analyzer 13.2 および 13.3 に表示される Spartan-6 FPGA GTP IBERT コアの TX 差動出力振幅値が、『Spartan-6 FPGA GTP トランシーバー アドバンス製品仕様』 (UG386) に示される値とは異なります。

ソリューション


これは、13.2 および 13.3 の既知の問題です。『Spartan-6 FPGA GTP トランシーバー アドバンス製品仕様』 (UG386) に示される値が正しいものです。TX 差動出力振幅属性を選択する場合は、この文書を参照してください。

この問題は、 ChipScope Analyzer 13.4 ソフトウェアで修正される予定です。
AR# 44881
日付 11/07/2011
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
  • Spartan-6 LXT
ツール
  • ChipScope Pro - 13.2
  • ChipScope Pro - 13.3
このページをブックマークに追加