UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 4506

12.1 Timing Analyzer - ダウンストリーム デバイスのホールド タイム違反の確認方法(trce -s min)

説明

デバイスのダウンストリーム ホールド タイム要件が満たされているかどうかを確認するため、clock-to-pad 遅延に関して最小遅延が確認できるレポートを生成する必要があります。

ソリューション

Timing Analyzer、TRACE、NETGen はすべて、配線が完了しているデザインの最小遅延をレポートすることができます。

PAR 完了後に Timing Analyzer で最小遅延レポートを生成するには、次の手順に従います。

  1. v5.1i またはそれ以降の Timing Analyzer を使用している場合は、[Analyze] -> [Against Timing Constraints] をクリックしてレポートを生成します。
  2. [Options] -> [Speed Grade] -> [Min] をクリックし、[OK] をクリックします。
  3. 生成されたレポートでスピード グレードが -0 になっていることを確認します。

最小遅延レイアウト後タイミング レポートを生成するには、次の TRACE コマンドを使用します。
trce -s min

生成されたレポートでスピード グレードが -0 になっていることを確認します。

最小遅延のシミュレーション ネットリストを生成するには、次の NETGen コマンドを使用します。
ngdanno -s min

最小遅延のスタティック タイミング解析レポートを生成するには、次の trce コマンドを使用します。
trce -s min

メモ : 最小遅延は通常のプロセス遅延を正確には反映しないスピードを表します。

スピード ファイルに最小タイミング値が含まれているかどうかを確認するには、(ザイリンクス アンサー 6067) に記述されているように speedprint コマンドを使用します。

AR# 4506
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般