AR# 45211

AutoESL- AutoESL の合成レポートで DSP48 がレポートされない

説明

AutoESL のレポートで DSP48 プリミティブがまったく使用されていないと表示されています。

代わりに MULT18x18 プリミティブの使用率が高くなっています。

ソリューション

AutoESL 2011.3、2011.4、および 2011.4.2 では、DSP48 の使用率が MULT18x18 としてレポートされます。

正確な使用率を確認するには、リソース予測には HDL 合成レポートを、正確なリソース使用率には実際のインプリメンテーション レポートを参照してください。

この問題は、2012.1 AutoESL で修正されています。
AR# 45211
日付 09/09/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール