AR# 45330

14.x Timing Analyzer - 同じクロックのパスでゼロ以外の位相エラーが見られる

説明


同じクロックでクロック供給を受けているパスを解析するとき、位相エラー (120ps) が含まれています。

エンドポイントのパス :

srio_module_inst/ul_srio_dsp1/srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/phy_wrapper_inst/srio_phy_inst/U0/phy_top_inst/ollm_rx_top_inst/ollm_rx_err_detect_inst/pk_crc_in_error_cond_standard_case (SLICE_X138Y86.B6), 364 paths

--------------------------------------------------------------------------------

Slack (setup path): 0.054 ns (requirement - (data path - clock path skew + uncertainty))
Source: srio_module_inst/ul_srio_dsp1/srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/phy_wrapper_inst/srio_phy_inst/U0/phy_top_inst/ollm_rx_top_inst/ollm_rx_datapath_inst/masked_rx_data_stg1_49 (FF)
Destination: srio_module_inst/ul_srio_dsp1/srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/phy_wrapper_inst/srio_phy_inst/U0/phy_top_inst/ollm_rx_top_inst/ollm_rx_err_detect_inst/pk_crc_in_error_cond_standard_case (FF)
Requirement: 4.000 ns
Data Path Delay: 3.682 ns (Levels of Logic = 5)
Clock Path Skew: -0.068 ns (0.870 - 0.938)
Source Clock: phy_clk_dsp1 rising at 0.000 ns
Destination Clock: phy_clk_dsp1 rising at 4.000 ns
Clock Uncertainty: 0.196 ns
Clock Uncertainty: 0.196 ns ((TSJ^2 + DJ^2)^1/2) / 2 + PE
Total System Jitter (TSJ): 0.070 ns
Discrete Jitter (DJ): 0.135 ns
Phase Error (PE): 0.120 ns

これはゼロであるべきではないでしょうか。

ソリューション

このデザインでは、信号 phy_clk_dsp1 は BUFGMUX によって駆動されています。この BUFGMUX の入力は MMCM の 2 つの異なる出力です (CLKOUT0 および CLKOUT1)。タイミング エンジンはワーストケース解析を想定しており、PLL_ADV_CLKOUT_TO_CLKOUT_PHASE_ERROR (スピードファイルで 120ps に定義) が含まれています。

AR# 45330
日付 03/07/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール 詳細 概略