AR# 45473

PlanAhead - PlanAhead ツールで部分的に配線されているデザインを開く方法

説明

部分的に配線された ISE デザインを PlanAhead で開くにはどうすればよいですか。

これは、次の 2 つの場合に必要になります。

  1. PAR がキャンセルされるか、エラーが発生、またはエラーなしで完了するが、デザインの配線で「WARNING:PAR:100」という警告メッセージが表示されて配線できず、PlanAhead ツールでフローが停止する。
    [Design Runs] ビューには「PAR ERROR」と表示されます。
    インプリメンテーションが完了しないため、部分的な配置をデバッグするためにインプリメント済みデザインを開くことができません。
     
  2. PlanAhead 外で作成した部分的または完全に配線された .ncd ファイルがある。
    この .ncd ファイルを解析するために PlanAhead で開く方法はありますか。





ソリューション

状況 1 の場合、次の手順に従って確認および解析目的で配置をインポートできます。
 
  1. ネットリスト デザインを開きます。

    アクティブなネットリストが開いていないと、手順 2 の [Import Placement] オプションは表示されません。
     
  2. [File] → [Import] → [Import Placement] をクリックします。
     
  3. .ncd ファイルを選択します。
     

PlanAhead 外で生成された .ncd ファイルの場合は、New Project ウィザードで [Import ISE Place & Route results] を使用して新規プロジェクトを作成します。

  1. PlanAhead GUI で [File] → [New Project] をクリックします。
     
  2. New Project ウィザードの最初のページで [Next] をクリックします。
     
  3. プロジェクト名を入力し、[Next] をクリックします。
     
  4. [Import ISE Place & Route results] をオンにします。
     
  5. ウィザードを続行し、プロジェクトを作成します。
     
部分的に配線された .ncd ファイルがインポートされ、必要に応じて開いたり解析したりできるようになります。
AR# 45473
日付 08/15/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール