UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45475

14.1 PlanAhead - 「[IP_Flow 415] Could not find IP definition for IP file '.xco' in IP catalog」というメッセージが表示される

説明

PlanAhead ツールを使用して、ISE または CORE Generator プロジェクトから既存の IP ソースを次のいずれかの方法で追加しようとしました。

  • Add Sources ウィザードの [Add Existing IP] を使用して IP をインポートする。
  • デザインに IP ソースを含んでいる既存の ISE ツール プロジェクトを開くか、またはインポートする。

次のようなメッセージが表示されます。

  • 「Import_IP」の下 :
    "[IP_Flow 415] Could not find IP definition for IP file 'C:\ISE_project\ipcore_dir\clk_core.xco' in IP catalog."
  • 「Generated IP/Core name」の下 :
    "[sim 0] The IP Clocking Wizard 1.1 does not exist within the repository, and cannot be recustomized or regenerated. It is not available in CORE Generator 14.1, and may have been removed or replaced. To generate Clocking Wizard 1.1 please use a previous version of ISE software in which this IP is available, or add the user repository which contains this IP." 

どうすればよいでしょうか。

ソリューション

ISE で作成された既存の IP を PlanAhead ツールでインポートする場合、PlanAhead IP フローに必要なファイルを作成するために IP カタログが参照されます。インポートされた IP コアのバージョンが存在しないと、PlanAhead ツールでは必要なファイルを生成できません。

この問題を回避するには、2 つの方法があります。

  • IP が生成されている場合は、Add Sources ウィザードを使用して IP ソースまたはネットリスト ファイルを直接プロジェクトに追加します。
  • PlanAhead ツールにインポートする前に、最新版の CORE Generator で IP を開き、コアを最新版にアップグレードして再生成します。

PlanAhead 14.2 および Vivado 2012.2 では、サポートされなくなった IP コアのインポートは問題なく完了し、その IP コアに関連付けられている生成されたソースを使用できます。ただし、IP が PlanAhead または Vivado ツールで使用できない場合、IP コアの再生成および再カスタマイズはできません。また、生成されたソースが削除されないように [Reset] オプションは無効になっており、IP コアを最新バージョンにアップグレードできるように [Upgrade IP] オプションは有効になっています。

AR# 45475
日付 11/05/2013
ステータス アーカイブ
種類 一般
ツール
  • PlanAhead - 13.4
  • Vivado Design Suite - 2012.1
このページをブックマークに追加