UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45477

13.3 PlanAhead - 「ERROR: [PlanAhead-414] Project archive aborted」というエラー メッセージが表示される

説明


プロジェクトをアーカイブしようとすると、13.3 PlanAhead ツールで次のようなエラー メッセージが表示されます。

GUI の場合

"The project is on NTFS network drive and I selected to save onto the same area.
The archive starts refreshing some files then stops and posts the following dialog:
ERROR : [Planahead-414] Project archive aborted."


Tcl コンソールの場合

"archive_project U:/project/Xilinx/project_1.pa.zip -force
INFO: [PlanAhead-88] starting archive...
INFO: [PlanAhead-87] saving project copy to temporary location...
ERROR: [PlanAhead-3] (archive_project): Received exception from project save_as
ERROR: [PlanAhead-414] Project archive aborted!"


ソリューション


この問題は、プロジェクトで使用されるソース ディレクトリが階層深くにあると、Windows のパスの長さ制限が原因となって発生することがあります。

ソース ディレクトリの構造を確認してください。例 :

project_1\project_1.srcs\sources_1\imports\New_sources\remote_sources\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\__\_\_\_\Ip\CoreGen\rtl\...

PlanAhead 13.4 ツールでは、次のように、エラーの発生しているファイル パスをメッセージに含めるよう改善されています。

ERROR: [Common-143] Path length exceeds 260-Byte maximum allowed by Windows: U:\<Path to project Directory>\Project
Archive\_TMP_ARCHIVE_DIR_\project_1.srcs\sources_1\imports\New_sources\remote_sources\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\
_\Ip\CoreGen\rtl\my_core.v
ERROR: [PlanAhead-3] (archive_project): Received exception from project save_as
ERROR: [PlanAhead-414] Project archive aborted!

回避策は 2 つあります。
  • プロジェクトからソースを削除し、その上の階層にあるコンポーネントから直接追加します。このようにすると、デザイン ソースの階層が浅くなります。残りのソースは最上位ディレクトリから追加できます。
  • 指定ディレクトリに最終アーカイブを出力するときに作成される一時的なアーカイブのディレクトリを変更します。この一時的なアーカイブは現在の作業ディレクトリ (Current Working Directory: CWD) に作成されます。この CWD の管理方法には 2 通りあります。
    • 開始ディレクトリを変更します。ISE のコマンド シェルを開いて階層の浅いディレクトリに cd コマンドを使用して変更するか、または [Start] メニューのショートカットである開始ディレクトリを設定します。
    • Tcl コンソールで、アーカイブを実行する前に別のディレクトリに cd コマンドを使用して変更します。

Vivado ツールが開く元のディレクトリを変更すると、LOG および JOU ファイルが作成される位置が変わります。しかし、Tcl コンソールで cd コマンドを使用すると、これらのファイルの位置には影響しません。Vivado ツールは一度に複数のプロジェクトを開くことができるように設計されています。このため、作業ディレクトリが変更になっても LOG および JOU ファイルは一定したディレクトリに保存されるようにしておく必要があります。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
52787 Vivado - 「ERROR: [Common 17-143] Path length exceeds 260-Byte maximum allowed by Windows」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
AR# 45477
日付 02/19/2013
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
  • PlanAhead - 13.3
  • PlanAhead - 14
このページをブックマークに追加