UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45563

IBERT デザイン アシスタント - Super Clock モジュールの使用法

説明

このアンサーでは、ML623 など一部の GT 特性化ボードで利用可能な Super Clock モジュールの使用方法について説明します。

注記 : このアンサーは、ザイリンクス ChipScope ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 45310) の一部です。ザイリンクス ChipScope ソリューション センターは、ChipScope ツールへのあらゆる質問に対応しています。ChipScope ツールを使用して新しいデザインを作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合は、ChipScope ソリューション センターで必要な情報を検索してください。

ソリューション


Super Clock モジュールはプログラマブル クロック機能のあるボードに追加でき、トランシーバーの基準クロックとして使用するためのクロック周波数を幅広く提供します。
Super Clock モジュールには現在 2 種類あります。
  1. XGI SuperClock モジュール
  2. SuperClock-2 モジュール

XGI SuperClock モジュール

XGI SuperClock モジュールは、ザイリンクス ジェネリック インターフェイス (XGI) コネクターを使用して ML52x および ML42x の GT 特性化ボードに接続します。出力クロック周波数は、M/D 値を設定するための dip オプションを使用して選択されます。このボードの使用方法については、XGI SuperClock のユーザー ガイドを参照してください。

UG091 『Xilinx Generic Interface (XGI) SuperClock Module User Guide』



SuperClock-2 モジュール

SuperClock-2 モジュールは、QSH ホスト インターフェイス コネクターを使用して ML628、ML623、SP623 などを含む、さまざまな GT 特性化ボードに接続します。SuperClock-2 モジュールは、前世代のものよりはるかに融通性が高く、出力クロックの周波数をコンフィギュレーションするため I2C インターフェイスを使用します。

ML628、ML623、SP623、および KC724 開発ボードには IBERT リファレンス デザイン (すぐに使用可能なビット ファイル) が含まれていて、このデザインには、ユーザーのニーズに合わせて出力クロックをコンフィギュレーションするため I2C インターフェイスを制御する VIO コアが含まれています。

SuperClock-2 モジュールを使用するには、ターゲットにしている開発ボードの IBERT リファレンス デザインに含まれるビット ファイルが必要です。
  1. ChipScope Analyzer で IBERT リファレンス デザインに含まれるプロジェクト ファイル (.prj) を開きます。
  2. IBERT リファレンス デザインに含まれるビットストリーム ファイルでデザインをコンフィギュレーションします。
  3. コンフィギュレーションが完了したら、VIO コンソールが開いているはずです。
  4. 出力に必要な周波数をターゲットにするために必要なアドレスを判断するには、ページの下にある表を確認します。
  5. 手順 4 で確認したアドレスを Si5368 ROM アドレスのフィールドに入力します。Si6368 ROM 周波数 (MHz) の値が必要な周波数に変更になったことを確認します。
  6. [Si5368 Start] の横にあるボタンをクリックします。
  7. Si5368 Done の LED が変化したことを確認します。

ボードの電源がオフにならない限り、SuperClock-2 モジュールは目的の周波数で動作し続けます。パーツをコンフィギュレーションしても SuperClock-2 モジュールの出力のステートは変わりません。つまり、カスタム IBERT コアを使用する必要がある場合、目的の周波数でクロックを開始するため IBERT リファレンス デザインを使用してまずコンフィギュレーションし、その後に、カスタムの IBERT デザインを使用して SuperClock-2 モジュールの動作を失うことなくコンフィギュレーションできます。

SuperClock-2 モジュールの詳細については、SuperClock-2 モジュールのユーザー ガイドを参照してください。

UG770 - 『HW-CLK-101-SCLK2 SuperClock-2 Module User Guide』

SuperClock-2 アドレス/周波数表

アドレスプロトコル周波数
32OC-4819.44
6CPRI61.44
18GigE62.50
63Generic66.67
11Display Port67.50
52SDI74.25
48SATA75.00
28OBSAI76.80
33OC-4877.76
59XAUI78.13
12Display Port81.00
1Aurora81.25
45PCIe100.00
15Fibrechannel106.25
7CPRI122.88
19GigE125.00
46PCIe125.00
23Interlaken132.81
64Generic133.33
13Display Port135.00
53SDI148.50
49SATA150.00
8CPRI153.63
29OBSAI153.60
34OC-48155.52
60XAUI156.25
0100GE/40GE/10GE161.13
14Display Port162.00
2Aurora162.50
37OTU-1166.63
65Generic166.67
56SMPTE435M167.06
41OTU-2167.33
43OTU-3168.05
5CEI11173.37
44OTU-4174.69
22GPON187.50
24Interlaken195.31
71Generic205.00
72Generic210.00
16Fibrechannel212.50
73Generic215.00
74Generic220.00
75Generic225.00
76Generic230.00
77Generic235.00
78Generic240.00
79Generic245.00
9CPRI245.76
20GigE250.00
47PCIe250.00
80Generic250.00
81Generic255.00
82Generic260.00
83Generic265.00
25Interlaken265.63
66Generic266.67
84Generic270.00
85Generic275.00
86Generic280.00
87Generic285.00
88Generic290.00
89Generic295.00
54SDI297.00
50SATA300.00
90Generic300.00
91Generic305.00
30OBSAI307.20
92Generic310.00
35OC-48311.04
61XAUI312.50
93Generic315.00
94Generic320.00
3Aurora325.00
95Generic325.00
96Generic330.00
38OTU-1333.26
67Generic333.33
57SMPTE435M334.13
97Generic335.00
98Generic340.00
99Generic345.00
100Generic350.00
101Generic355.00
102Generic360.00
103Generic365.00
104Generic370.00
105Generic375.00
106Generic380.00
107Generic385.00
108Generic390.00
26Interlaken390.63
109Generic395.00
110Generic400.00
111Generic405.00
112Generic410.00
113Generic415.00
114Generic420.00
17Fibrechannel425.00
115Generic425.00
116Generic430.00
117Generic435.00
118Generic440.00
119Generic445.00
120Generic450.00
121Generic455.00
122Generic460.00
123Generic465.00
124Generic470.00
125Generic475.00
126Generic480.00
127Generic485.00
10CPRI491.52
21GigE500.00
27Interlaken531.25
68Generic533.33
55SDI594.00
51SATA600.00
31OBSAI614.40
36OC-48622.08
62XAUI625.00
69Generic644.00
4Aurora650.00
39OTU-1666.51
70Generic666.67
40OTU-1666.75
58SMPTE435M668.25
42OTU-2669.31

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45310 ザイリンクス ChipScope ソリューション センター N/A N/A
43390 Kintex-7 FPGA KC724 特性評価キット - 既知の問題およびリリース ノートのマスター アンサー N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45562 IBERT デザイン アシスタント - ザイリンクス開発ボード (ML605、KC705 など) での IBERT の使用 N/A N/A
AR# 45563
日付 01/30/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Virtex-4 FX
  • Virtex-5 FXT
  • Virtex-5 LXT
  • More
  • Virtex-5 SXT
  • Virtex-5 TXT
  • Virtex-6 HXT
  • Virtex-6 LXT
  • Virtex-6 SXT
  • Virtex-7
  • Virtex-7 HT
  • Spartan-6 LXT
  • Artix-7
  • Kintex-7
  • Less
ツール
  • ChipScope Pro - 11.3
  • ChipScope Pro - 11.4
  • ChipScope Pro - 11.5
  • More
  • ChipScope Pro - 10.1
  • ChipScope Pro - 10.1 sp1
  • ChipScope Pro - 10.1 sp2
  • ChipScope Pro - 10.1 sp3
  • ChipScope Pro - 11.1
  • ChipScope Pro - 11.2
  • ChipScope Pro - 12.1
  • ChipScope Pro - 12.2
  • ChipScope Pro - 12.3
  • ChipScope Pro - 12.4
  • ChipScope Pro - 13
  • ChipScope Pro - 13.1
  • ChipScope Pro - 13.2
  • ChipScope Pro - 13.3
  • ChipScope Pro - 13.4
  • Less
IP
  • ChipScope Pro IBERT for Kintex-7 GTX
  • ChipScope Pro IBERT for Spartan-6 GTP
  • ChipScope Pro IBERT for Virtex-5 GTP
  • More
  • ChipScope Pro IBERT for Virtex-5 GTX
  • ChipScope Pro IBERT for Virtex-6 GTH
  • ChipScope Pro IBERT for Virtex-6 GTX
  • ChipScope Pro IBERT for Virtex-7 GTX
  • Less
このページをブックマークに追加