UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45651

14.2 PlanAhead - 設定が若干異なる IP コアを作成するために既存の IP をコピーする方法

説明

係数または初期内容以外は同じ設定で 2 つの IP コア (フィルターまたはメモリなど) を作成する必要があります。

まず 1 つコアを作成したので、そのコピーを利用して 2 つ目のコアを作成したいと思います。しかし PlanAhead または Vivado ツールでその作業をどう行えばよいのかわかりません。

スタンドアロンの CORE Generator または Project Navigator では [Recustomize and Generate] を使用して 1 つ目のコアを開き、[Generate] をクリックする前にコンポート名および必要なパラメーターを変更するだけです。PlanAhead 14.2 または Vivado 2012.2 ツールではそのようなオプションが見当たりません。

ソリューション

PlanAhead 14.3 および Vivado 2012.3 ツールでは、既存の IP を簡単にコピーできるようになっています。 これには、copy_ip という Tcl コマンド ライン オプションを使用します。

例 :

copy_ip -name new_core -verbose [get_ips old_core]

PlanAhead 14.2 以前のツールでは、既存の IP をインポートしてコピーを作成します。PlanAhead で [Add Sources][Add Existing IP] をクリックします。既存のファイル (.xco または .xci) を参照して、インポートした IP に別の名前を付けます。

AR# 45651
日付 11/12/2013
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール
  • PlanAhead - 13.3
  • PlanAhead - 14.2
  • Vivado Design Suite - 2012.2
このページをブックマークに追加