AR# 45714

Aurora 64B66B V6.2 - タイミング シミュレーション エラーおよび TRACE エラー

説明

このアンサーでは Aurora 64B66B V6.2 で見られる次の問題に対するソリューションについて説明します。

  1. コアのタイミング シミュレーション中、信号に X 値が見られる。
  2. タイミング シミュレーションにチャネル アップがない。
  3. TRACE でタイミング エラーが報告される。

ソリューション

  1. UCF の GT REFCLK 周期は桁の丸めのため、 DEMO_TB の GT REFCLK 周期と異なります。このため、信号が X に駆動され、デザインがデータ伝送のためのチャネル アップになりません。この問題を回避するには、DEMO_TB の CLOCKPERIOD_1 および CLOCKPERIOD_1 のパラメーター/制約に UCF の GT REFCLK 値を使用します。
  2. マルチレーン デザインではすべてのトランシーバーが連続して配置されるようにします。ISE ソフトウェア ツールでタイミングが満たしやすくなります。
  3. 標準 REFCLK 値が必要なライン レートに使用できるかを確認します。
  4. <USER_COMPONENT_NAME>_wrapper.v[hd] に次のコードを追加します。

-------------------------------------------------------------------------

always @(posedge rxrecclk_64_i)
begin
if(!resetdone_i)
begin
rx_resetdone_r1 <= `DLY 1'b0;
rx_resetdone_r2 <= `DLY 1'b0;
end
else
begin
rx_resetdone_r1 <= `DLY resetdone_i;
rx_resetdone_r2 <= `DLY rx_resetdone_r1;
end
end

-----------------------------------------------------------------------

注記 : 上記のコードのコメント部分は配布されている RTL に既にあります。
AR# 45714
日付 01/09/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
IP