AR# 4582

6.2/6.1/3.2 EDK, PPC, PowerPC 405 - マルチプロセッサ Virtex-II Pro (2VP20) で JTAG チェーンを接続する方法

説明

キーワード : JTAG, 2VP20, Virtex-II Pro, Chain, EDK, PPC, 405, 2VP30, 2VP50, 2VP70, チェーン

重要度 : 標準

概要 :
マルチプロセッサ Virtex-II Pro (2VP20) で JTAG チェーンを接続する方法について

ソリューション

『PowerPC 405 Processor Block Reference Guide』では、PowerPC 405 の JTAG インターフェイスを Virtex-II Pro の JTAG ロジックに接続する各種方法について説明しています。

PPC405 の JTAG ロジックを専用 Virtex-II Pro JTAG ロジックに接続する場合、基板上で必要になる JTAG チェーンは 1 つのみです。 Virtex-II Pro のすべての JTAG ロジックには、この接続方法を使用して Virtex-II Pro の専用 JTAG ピンを介してアクセスできます。

複数の PPC405 コアを使用したデバイスの場合、一部の PPC405 コアが使用されていなくても、すべての PPC405 コアに JTAG ロジックを接続する必要があります。 使用されていない PPC405 コアの JTAG 信号のみを接続する必要があります。 JTAGPPC プリミティブからの TDI を最初に検知する PPC405 コアは、命令レジスタ内の最初の 4 つの最上位ビットを認識します。次の PPC405 は、次にくる 4 つの最上位ビットを認識します。

このソリューションでは、連続した 2 つの PowerPC 405 JTAG インターフェイスを Virtex-II Pro デバイスの JTAG ロジックに接続した例を示しています。

詳細については、『PowerPC 405 Processor Block Reference Guide』を参照してください。

http://support.xilinx.co.jp/ise/embedded/edk_docs.htm

3.2 EDK の場合

PPC405 コアの JTAG ロジックは、JTAGPPC プリミティブを使用して FPGA の JTAG ロジックに連続して接続されています。

次の ZIP ファイルには MHS ファイルと、接続を示した関連の pcores ディレクトリが含まれています。

http://www.xilinx.com/txpatches/pub/documentation/misc/solution_4582.zip

ZIP ファイルは、3.2 EDK のみで使用されます。


6.2 または 6.1 EDK の場合

6.2 または 6.1 EDK の場合、複数のプロセッサをサポートする新しい JTAGPPC コンポーネント (jtagppc_cntlr_1.00.b) が追加されています。

次の ZIP ファイルには MHS ファイルと、接続を示した関連の pcores ディレクトリが含まれています。

http://www.xilinx.com/txpatches/pub/documentation/misc/solution_4582_61.zip
AR# 4582
日付 04/28/2006
ステータス アーカイブ
種類 一般