UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 45861

Spartan-6 GTP Transceiver Wizard - ラッパーで基準クロックの配線が間違っている

説明

このアンサーでは、Spartan-6 GTP Transceiver Wizard のシングル DUAL 内の基準クロックの配線に関する問題について説明します。

ソリューション


シングル デュアルに 2 つの異なる基準クロック ソースを選択すると、ラッパーでの基準クロックの接続が間違っています。しかし、ツールによって自動的に正しいポートに接続されます。

たとえば、ウィザードで GTP0 REFCLK に REFCLK0 XOY1 を、GTP1 REFCLK に REFCLK1 X0Y1 を選択する場合、『Spartan-6 FPGA GTP トランシーバー ユーザー ガイド』 (UG386) の図 2-2 によると、REFCLK1 は CLK10 または CLK11 に接続する必要があるのですが、生成された s6_gtp_sample.vhd (行 381、382) では、REFCLK1 は CLK01 に接続されていて、これは間違っています。 ツールではこれは自動的に CLK11 に接続され、これは FPGA Editor で確認できます。
AR# 45861
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
種類 一般
デバイス
  • Spartan-6 LXT
このページをブックマークに追加