UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 46008

LogiCORE IP Serial RapidIO Gen2 v1.3 - PEF CAR の「Common Transport Large System Support」ビットが正しく設定されない

説明

LOG レイヤーのオフセット x10 では、現時点で PEF (Processing Elements Features) CAR のビット 4 (Common Transport Large System Support) が 0 に接続されています。 CORE Generator インターフェイスでデバイス ID などの DEVICEID_WIDTH が、8 ビットを使用するよう選択されている場合、0 接続は正しいものです。しかし、16 ビットのデバイス ID を使用するよう選択されている場合、このビットは 1 に接続している必要があります。

ソリューション


これは既知の問題で、次のコア リリースで修正される予定です。この問題は、コアの機能に影響を与えません。16 ビットのデバイス ID で生成されたコアも機能しますが、PEF (Processing Elements Features) CAR では、コアが 16 ビットのデバイス ID をサポートしないように示されます。

改訂履歴
2012/01/25 - 初版
AR# 46008
作成日 01/27/2012
最終更新日 05/19/2012
ステータス アクティブ
タイプ 既知の問題
IP
  • Serial RapidIO