AR# 46243

Vivado HLS - スタンドアロンの RTL シミュレータで RTL シミュレーションを実行する方法

説明

スタンドアロンの RTL シミュレータで、C 協調シミュレーションを起動せずに RTL シミュレーションを実行する方法を教えてください。

ソリューション


Vivado HLS


Vivado HLS で、ツールバーの [Cosimulation] ボタンをクリックし、[RTL Selection] で [Verilog] または [VHDL] をオンにします。オプションで [Setup Only] をオンにして、ファイルのみを生成します。[OK] をクリックしてファイルを生成します。


スクリプトおよびラッパーが生成され、プロジェクトの solution/sim/verilog (または vhdl) フォルダーに保存されます。ModelSim でシミュレーションを実行するには、run_modelsim.sh ファイルを使用します。


AutoESL


AutoESL ツールで [RTL Simulation] ダイアログ ボックスを開き、[Setup Only] をオンにして RTL ラッパーおよびスクリプトを生成します。AutoESL ツールでは、ModelSim 用のスクリプトが生成されます。

スクリプトとラッパーの生成後、次の手順に従って ModelSim でシミュレーションを実行します。
  1. <autoesl project>/solution1/sim/verilog ディレクトリに移動します。
  2. source compile_modelsim.sh
  3. source autosim.modelsim.scr

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
47431 ザイリンクス Vivado HLS ソリューション センター - デザイン アシスタント N/A N/A
AR# 46243
日付 08/06/2012
ステータス アクティブ
種類 ソリューション センター
ツール 詳細 概略