AR# 46249

Vivado 制約 - ODDR/IDDR インターフェイスに制約を設定する方法

説明

ODDR/IDDR インターフェイスに制約を設定する方法を教えてください。

ソリューション

IDDR/ODDR アプリケーションでは、立ち上がりエッジ部と立ち下がりエッジ部にそれぞれ set_output_delay を設定する必要があります。

ODDR の例

set_output_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -max 1.0 [get_ports {spi_pin}]
set_output_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -max 1.0 [get_ports {spi_pin}] -clock_fall -add_delay
set_output_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -min 0.5 [get_ports {spi_pin}] -add_delay
set_output_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -min 0.5 [get_ports {spi_pin}] -add_delay -clock_fall

IDDR の例

set_input_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -max 1.0 [get_ports {spi_pin}]
set_input_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -max 1.0 [get_ports {spi_pin}] -clock_fall -add_delay
set_input_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -min 0.5 [get_ports {spi_pin}] -add_delay
set_input_delay -clock [get_clocks clk_pin_p] -min 0.5 [get_ports {spi_pin}] -add_delay -clock_fall

実行後

report_timing -to [get_ports {spi_pin}] -delay_type max -max_paths 18 -nworst 18
report_timing -from [get_ports {spi_pin}] -delay_type max -max_paths 18 -nworst 18

これで、ODDR/IDDR の立ち上がりから立ち上がり、立ち上がりから立ち下がり、立ち下がりから立ち下がり、立ち下がりから立ち上がりへのパスが設定できます。

AR# 46249
日付 08/14/2013
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール