UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 46428

『SP605 PCIe x1 Gen1 デザインの作成』 (XTP065) - S1 の設定を 0000 にする

説明


『SP605 PCIe x1 Gen1 デザインの作成』 (XTP065) には、SP605 上で PCIe x1 Gen1 デザインを生成するための手順が説明されています。この資料の手順に従うと、SPI PROM から SP605 をコンフィギュレーションすることはできますが、PC で PCIe が検出されないなどの PCIe エラーが発生します。

何が問題ですか。

ソリューション


この問題は、PCIe を検出しようとしているときに CF カードがイネーブルになっていると発生することがあります。

SP605 上の CF カードは、S1 #4 がイネーブルの場合はイネーブルになっています。

PCIe リンクを動作させる前に SP605 から SystemACE CF カードを取りはずすか、S1 を 0000 に設定すると、PCIe は正しく検出されます。

XTP065 v13.3 には、S1 を 0000 に設定する必要があり、この設定により SystemACE インターフェイスをディスエーブルにする必要があると記述されています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33839 Spartan-6 FPGA SP605 - リリース ノートおよび既知の問題のマスター アンサー N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33839 Spartan-6 FPGA SP605 - リリース ノートおよび既知の問題のマスター アンサー N/A N/A
AR# 46428
作成日 02/21/2012
最終更新日 09/28/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般
Boards & Kits
  • Spartan-6 FPGA SP605 Evaluation Kit