UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 46438

LogiCORE Video Scaler v3.0、v4.0、v5.0 - クロッピング機能の使用時に Video Scaler が予測よりも早い段階で出力ラインの生成を開始する

説明

クロッピング機能の使用時に Video Scaler が予測よりも早い段階で出力ラインの生成を開始する理由を教えてください。

ソリューション

これは、Video Scaler v3.0、v4.0、および v5.0 の既知の問題で、今後のバージョンで修正される予定です。

この問題は、アクティブな領域のクロッピングされたセクションの開始ラインがフレーム リセットと VBLANK の立ち下がりエッジ間にあると発生します。

この問題は、Video Scaler v4.0 Rev4 パッチでも修正されています。パッチを入手するには、(ザイリンクス アンサー 41488) を参照してください。

この問題は、Video Scaler v5.0 Rev2 パッチでも修正されています。パッチを入手するには、(ザイリンクス アンサー 45439) を参照してください。

LogiCORE IP Video Scaler のリリース ノートおよび既知の問題は、(ザイリンクス アンサー 31958) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
45439 LogiCORE IP Video Scaler v5.0 - パッチ アップデート N/A N/A
41488 LogiCORE IP Video Scaler v4.0 - パッチ アップデート N/A N/A
AR# 46438
作成日 02/22/2012
最終更新日 10/22/2014
ステータス アクティブ
タイプ 一般
IP
  • Video Scaler