AR# 46505

7 シリーズ FPGA デザイン アシスタント - クロック バッファーの使用

説明


7 シリーズ デバイス ファミリで使用可能なクロック バッファーを使用し、クロック領域の設定、またはイネーブルやセレクト信号を使用したクロックの制御を行うことができます。このアンサーでは、7 シリーズ デバイス ファミリで使用可能なクロック バッファーの各タイプについての資料が紹介されています。

注記 : このアンサーは、ザイリンクス 7 シリーズ FPGA ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 46370) の一部です。7 シリーズ FPGA ソリューション センターには、7 シリーズ デバイスに関連するすべての質問への回答が含まれています。7 シリーズ FPGA を含むデザインを新しく作成する場合、または問題をトラブルシュートする場合は、このザイリンクス 7 シリーズ FPGA ソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション

7 シリーズ FPGA デザインには次のバッファーをクロックに使用することができます。
  • BUFIO
  • BUFR
  • BUFMR
  • BUFG/BUFGCTRL/BUFGMUX
  • BUFH

BUFIO および BUFR

BUFIO および BUFR バッファーはデバイスのすべての領域に送信される必要のないリージョナル クロックに使用します。これらは通常 IOSERDES インターフェイスに使用されます。これら 2 つのバッファーのいずれかを使用する方法については、『7 Series FPGAsClocking Resources Users Guide』 (UG472) の「Regional Clocking Resources」のセクションを参照してください。http://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug472_7Series_Clocking.pdf

BUFMR

BUFMR は 7 シリーズ デバイス ファミリの新しいバッファーです。7 シリーズ デバイス ファミリの BUFR および BUFIO はそのクロック領域内でローカルにしか配線できません。BUFMR は近接クロック領域に配線するのに使用する必要があります。BUFMR は、MRCC (Multi-Region Clock Capable) ピンでのみ駆動可能です。このバッファーの使用方法の詳細は、『7 Series FPGAs Clocking Resources Users Guide』 (UG472) の「Multi-Region Clock Buffer」のセクションおよび付録 A を参照してください。http://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug472_7Series_Clocking.pdf

BUFG、BUFGCTRL、および BUFGMUX

BUFG、BUFGCTRL、および BUFGMUX は、デバイス全体のロジックに到達必要のあるグローバル クロックに使用します。CCIO (クロック対応 I/O) ピンからのみ BUFG バッファーにアクセスできます。BUFG バッファーの使用方法は、『7 Series FPGAsClocking Resources Users Guide』 (UG472) の「Global Clocking Resources」のセクションを参照してください。http://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug472_7Series_Clocking.pdf

BUFH

水平クロック バッファー (BUFH) は 1 つの領域にある水平グローバル クロック ツリー スパインを駆動するものです。これらのバッファーにはクロック ネットワークをダイナミックにオン/オフにするクロック イネーブルが含まれます。これで、使用されていないロジックのある領域の電力をオフにして省電することができます。BUFH バッファーの使用方法の詳細は、『7 Series FPGAs Clocking Resources Users Guide』 (UG472) の「Regional Clocking Resources」のセクションを参照してください。 : http://japan.xilinx.com/support/documentation/user_guides/ug472_7Series_Clocking.pdf

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 46505
日付 03/01/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス