AR# 46586

13.4 SDK – リモート デバッグの詳細手順について

説明

SDK を使用したリモート デバッグの実行方法を教えてください。 


詳細なリモート デバッグの手順はありますか。

ソリューション

SDK では、リモート デバッグが実行できます。 


次の手順に従ってください。

 

ボードの接続された PC :

 

  1. ISE Design Suite を起動します。
     
  2. XPS、SDK、または iMAPCT を使用してビットストリームをダウンロードします。
     
  3. [Xilinx Tools] → [Launch XMD Console] をクリックします。

    connect mb mdm
    または
    connect ppc hw コマンドを入力します。
    GDB サーバーが開始されると、これにより TCP IP ポート番号が提供されます。
     
  4. PC の IP をチェックします。
     
  5. XMD または SDK を使用した ELF をダウンロードします。

 

ボードの接続されていない PC :

 

  1. 同じプロジェクトを使用して SDK を起動します。
  2. [Run] → [Debug Configurations] → [Device Initialization] をクリックします。
    [Do not download program to memory] をオンにします。
  3. [Remote Debug] をクリックし、[Connect to gdbserver on a different machine] をオンにします。
    ボードを接続した PC の IP アドレスを上記の手順 3 のポート番号を使用して設定します。
  4. [Debug] をクリックします。

これで、SDK を使用してリモート デバッグが実行できるようになります。

AR# 46586
日付 04/08/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール