AR# 46629

LogiCORE IP Serial RapidIO Gen2 v1.3 - [Source Maintenance Support] オプションをオフにする機能がサポートされていない

説明

CORE Generator GUI でコアを生成するときに [Source Maintenance Support] オプションがオフになっていると、LogiCORE IP Serial RapidIO Gen2 v1.3 デザインをインプリメントするときに次のようなエラー メッセージが表示されます。

ERROR:MapLib:979 - LUT5 symbol
"srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/cfg_fabric_inst/cfgb_awvalid_glue_set"
(output
signal=srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/cfg_fabric_inst/cfgb_awvalid_glue_set)
has input signal "srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/cfgr_awvalid" which will be
trimmed. See Section 5 of the Map Report File for details about why the input
signal will become undriven.
ERROR:MapLib:979 - LUT6 symbol
"srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/cfg_fabric_inst/cfgl_arvalid_glue_set"
(output
signal=srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/cfg_fabric_inst/cfgl_arvalid_glue_set)
has input signal
"srio_dut_inst/srio_wrapper_inst/cfg_fabric_inst/read_bar_hits<1>" which will
be trimmed. See Section 5 of the Map Report File for details about why the
input signal will become undriven.

ソリューション


CORE Generator GUI で [Source Maintenance Support] をオフにする機能は現在サポートされていません。エラーなしにデザインをインプリメントするには、このオプションを常にオンにしておく必要があります。この問題は、今後のコアのリリースで修正される予定です。ユーザーがソース管理をオフにしてリソース使用率を抑える必要がある場合は、MAINTR 入力を 0 に接続し、インプリメンテーション中に MAP で未使用ロジックを削除します。



改訂履歴 :
2012/03/06 - 初版
AR# 46629
日付 05/16/2012
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP