UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 46668

Vivado - 「ERROR: [Common 17-165] Too many positional options when parsing '.tcl', please type ' -help' for usage info」というエラー メッセージが表示される

説明

Tcl ファイルを呼び出して Tcl コンソールで Tcl コマンドを実行する場合、または XDC ファイルを処理しているときに、「Too many positional options」というエラーまたはクリティカル警告メッセージが表示されます。

ザイリンクス Documentation Navigator (DocNav) で開いた Vivado 資料 (PDF ファイル) から、コマンドをコピーすると、このエラーが見られます。

すべて問題なく機能するコマンドを含んだ Tcl スクリプトを、Tcl コンソールで、エラーなしに呼び出すことはできます。

しかし、ファイルを呼び出した結果、次のようなエラー メッセージが表示されます。
 

Critical Warning: [Common 17-165] Too many positional options when parsing '<constraint>.xdc', please type '<command> -help' for usage info. ["XX.xdc":198]
ERROR: [Common 17-165] Too may positional options when parsing 'file', please type '<command> -help' for usage info.


このエラーの意味と、この問題の解決方法を教えてください。

ソリューション

既存のコマンドを、資料にある制約構文と比較してください。構文の詳細を確認するには、Tcl コンソールで「<Command name> -help」と入力します。

このメッセージは、Tcl コマンド ラインの構文エラーを示しており、1 つの Tcl コマンド、またはそのコマンドの一部に対し、オプション/引数が複数あるためにエラーになっています。

引数が 1 つしか使用できないケースで、2 つ指定されているというのが一般的です。

XDC コマンドはすべて Tcl コマンドであるため、ほかの Tcl コマンドと同様に処理されます。

このメッセージの一般的な原因のいくつかを挙げます。

Unicode (ダブルバイト) 文字が Tcl コマンドに入力されている。

ハイフン (-) やスラッシュ (/) は多くの Tcl コマンドで使用されるため、問題の原因になりがちです。
エディターによっては、これらの文字が ASCII から Unicode へと自動変換されることがあります。

ザイリンクス資料 (PDF ファイル) には、通常のダッシュをエンダッシュに変換する自動フォーマット機能を使用して作成されているものが多数あります。
また、自動フォーマット機能が恩になった状態のエディターにコマンドをコピーすると、この問題が発生する場合があります。
エンダッシュを通常のダッシュ (-) に置き換えて、問題を解決してください。

英語以外の文字セットには、シングル バイト (ASCII) ではない文字が含まれているものが多い

場合によっては、文字が ASCII 文字と大きく違わないものもあります。

こうした文字をコマンドに使用しないように注意してください。

パスに含まれるスペース

スペースが含まれるディレクトリ パスが引数として使用されるコマンドを入力する場合、ダブルクォーテーションまたは波括弧をエスケープ文字にとして使用して、パスを指定する必要があります。

たとえば、{/eda/my projects/project_1} というように入力します。

ディレクトリ パスにバックスラッシュが使用されている

Tcl では、バックスラッシュは、その後に続く文字次第で、エスケープ文字であったり、特殊文字として使用されたりします。

たとえば、「"\t」はタブ文字を表します。

このため、「c:\designs\test1」というディレクトリは「c:designs    est1」になります。

この問題を解決するには、次のいずれかの解決策を利用してください。

  • 問題になっている文字のフォーマットを手動で修正します。
  • Notepad++ またはエンコードが ANSI 標準のエディターを開きます。このタイプのエディターでは、代わりとなる文字が表示されるので、Unicode 文字を修正できます。
  • 英語で XDC に制約を入力し、古いファイルを破棄します。
AR# 46668
作成日 03/05/2012
最終更新日 05/12/2014
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • PlanAhead - 13.4